夫を失うという激痛 - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫を失うという激痛

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


子どもが育つために必要なもの。

 

衣食住、医療、安心、安全、受容、承認、愛情。

 

これらが得られないような家庭で育つと、人は、自分の要求に応えてもらえなかった子ども時代に固執しがちです。

 

心にはぽっかりと穴があきます。

 

そして、その穴を埋めてくれる人を求めます。

 

そんな相手を見つけると、その人にしがみつき、自分を差し出したり、無理な要求をしたりして、どうにか自分のことを幸せにしてもらおうとします。

 


「あなたは私のすべて。あなたがいなければ私は幸せになれない。だから私のことをわかって。私のことを満たして。あなたが気にいるようにするから、いつでも私のことだけを見ていて。あなたのことを全て知りたいの。私には何でも話して」

 

こんな感じ。

 

これだと相手は重いですよね。

 

本人としては相手のことを愛しているという感覚でしょうが、そうではなくて、ベタ~っと密着して、相手を自分の望むように操ろうとしているんです。

 

あまりにもベタ~っとくっつきすぎてしまうと、自分と相手との境界線が曖昧になってしまいます。

 

この境界線は、自分が自分らしくあるため、相手が相手らしくあるためのもの。

 

それが侵食された状態ですので、自分を守ることができないし、相手を傷つけてしまいます。

 

ですから、二人の間には、心への暴力、身体への暴力、性的な暴力といった問題が起こりやすいです。

 

自分に暴力を振るうような相手であっても、失うことは怖いです。

 

その人の存在が心の穴を塞いでいてくれたわけですから、もし別れるようなことがあれば

 

「相手を失う」

 

というよりも

 

「自分の一部をもぎ取られる」

 

というような感じがするだろうと思います。

 

自分の穴を相手に埋めてもらうような関係は、その関係に終わりがくるとき、酷く大きな喪失感に見舞われることになります。

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 


 

このコラムに類似したコラム

人生の選択に迷ったときのウラ技 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/03 11:29)

別居中の連絡次第で夫婦は簡単に壊れますよ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/02 15:00)

別れを切り出すのは、いつも私 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/01/14 19:00)

浮気からの修復・最大のポイントはココ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/12/24 23:22)

今日からできる離婚防止対策 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/26 20:00)