他人の感情に支配されてしまう - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

他人の感情に支配されてしまう

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


機能不全家庭で育った人は、過剰に人の心を読もうとします。

 

人の気もちを敏感に察知して、自分が何を期待されているのかを読みとり行動しなければ、その環境では生きてこれなかったからです。

 

自分が楽しい気もちであっても、お母さんが辛そうにしていたら、お母さんと同じように辛そうにします。

 

そうしなければ、お母さんを裏切ってしまうからです。

 

お父さんがお母さんのことを嫌っていたら、自分も同じようにお母さんを嫌うような素振りを見せます。

 

そうじゃなければ、今度は自分がお父さんから嫌われてしまうかもしれませんから。

 

そうやって、誰かの感情に合わせて自分の感情を偽っていると、いずれ人の感情が自分の感情であるかのように思い込んでしまいます。

 

そして、人から読み取った感情を基にして、行動するようになっていきます。

 

よくいえば、空気が読める子。

 

でも、人の気もちに合わせ過ぎる分、自分の心に答えを求めることができなくなります。

 

例えば周りのみんなが楽しそうにしていると、たとえ自分は楽しいと感じていなくても

 

「私も皆と同じように楽しいと感じるべきなのではないだろうか」

 

と思い、楽しいフリをしてしまいます。

 

他の人がどう感じるかということに基づいて人生のあらゆる選択をしていきますので、自分の人生でありながら他人が舵を握っているような状態になってしまいます。

 

これだといちいち人に振り回されて、疲れるし、辛いですよね。

 

それに押し込めてしまった本当の気もちはどうなってしまうのでしょう?

 

感じることも許されれず、否定されてしまった気もちは、多くの場合「恨み辛み」や「憂鬱感」として蓄積されていきます。

 

その恨み辛みや憂鬱感は、ある日突然怒りの大爆発を起こしたり、酷く落ち込んでもう何もかも捨ててしまいたいような衝動にかられてしまうこともあります。

 

幼い頃からずっと、自分の気もちを無視してまで家族の気もちを優先し、家族の要求に応え、家族の機嫌をとってきたのであれば、これからは自分の気もちを見つめ、自分自身の要求に自分で答えられるようになることを目標にしてみてくださいね(^^♪


 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

ダンマリを決め込む夫 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/06 23:36)

心のバランスが乱れている時、「内なる女性性エネルギー」を整える 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2016/07/31 15:34)

*辛いときに意識すること* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/09/06 11:32)

「体・心・精神を整える“ホリスティックな癒し”」とは 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2015/08/23 22:08)

あなたの視線にひと工夫 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/07/07 22:19)