受診が遅れてしまう理由(1) - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

銀座泰明クリニック 院長
東京都
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受診が遅れてしまう理由(1)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
早期発見・早期治療

前回は、患者さんがうつ病を発病しても受診に至るまで2〜3ヶ月かかってしまうことをお伝えしました。身体の病気では考えられない程の長期間を要していますね。今回はこの要因についてご説明させていただきたいと思います。

まず、患者さんがそれを病気であると気づかないことに一因があります。うつ病はその名の通り、気分が鬱々として、意欲がなくなり、何も面白く感じられなくなる病気です。軽症の場合は気分の変化等で済みますが、病状が進むと、眠れなくなったり、食欲が落ちたり、頭が重くなったり、体が怠くなったりと身体の症状が出現します。

患者さんは気分の沈みを「心」の病気とは思えず、何か心当たりとなる事柄があれば仕方ないと我慢してしまいがちです。特に失敗や挫折をして落ち込んでいる時に、病院へ行こう、と考えるのは不自然かもしれません。しかし身体の症状が生ずると「体」の病気と思い、内科や婦人科など身体科を受診するのです。各科では検査をしても特に異常なく、「ストレスでしょう」とか「気のせいでしょう」と片付けられてしまうことが少なくありません。

これらは身体科の医師が「うつ病」のことをよく知らないことにも問題があります。このため一般の方々にはさることながら、身体科の医師へもうつ病をはじめ「心」の病気についてよく知っていただけるよう、最近では厚生労働省や日本医師会をはじめとした公的な機関からも教育活動が盛んに行われているところです。(続く)

銀座泰明クリニック

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
銀座泰明クリニック 院長

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「早期発見・早期治療」のコラム

このコラムに類似したコラム

医者からの嫌がらせ〜ドクハラ(1) 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2007/01/24 00:00)

受診が遅れてしまう理由(2) 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2006/12/26 10:16)

【コラムのつなぎ目】4/9 健康と精神疾患の間 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/04/09 13:15)

医者のメンタルヘルス 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2011/09/28 22:26)

うつと不安の認知療法自習帳-うつ・不安の否定的な自動思考 田尻 健二 - 心理カウンセラー(2010/05/28 19:15)