Something 4 - 結婚式に必要な4つのもの - 外国文化 - 専門家プロファイル

田中 真由美
サニー英語発音スクール 代表
東京都
英語発音スペシャリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
奥村 美里
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Something 4 - 結婚式に必要な4つのもの

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国文化

 

アメリカには"Something Four"と言って

結婚式における慣習があります。

結婚式でbride(花嫁)が4つのものを身につけると幸せになれるというもので、

実際に私がサンフランシスコで結婚式に参列した際も

花嫁さんが"I'm wearing my grandma's necklace."(おばあちゃんのネックレス着けてるの)

と説明してくれました。

 

その4つとは…☆

1 Something Old(何か一つ古いもの)

祖先、伝統などを表します。先祖代々伝わった、あるいは家族から譲られた宝飾品を当てるのが一般的ですが、母や祖母の結婚衣裳、または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りなどを使用することもあります。

2 Something New(何か一つ新しいもの)

これから始まる新生活を表します。新調したものなら何でも良いのですが一般的には白いものを用意します。花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や長手袋などをこれに当てることが多いです。

3 Something Borrowed(何か一つ借りたもの)

友人や隣人との縁を表します。幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から持ち物を借りることにより、その幸せにあやかる意味があります。ハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的です。

4 Something Blue(何か一つ青いもの)

聖母マリアのシンボルカラーである青、つまり純潔を表します。このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされており、ブーケのリボンや白いガーターに青いリボン飾りをつけたものを用意するのが一般的です。

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

5/17公開!映画試写会「愛さえあれば」トークショーを終えてきました 上田 桐子 - インテリアコーディネーター(2013/05/14 12:38)