「あなたの健康寿命は!?」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「あなたの健康寿命は!?」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
よもやまブログ

こんにちは!

早くも10月に突入です。今年もあと3カ月。早いですね。

 

さて、皆さんは、「健康寿命」という言葉をご存知ですか?

平均寿命はよく聞きますが、健康寿命は聞きなれない言葉かもしれません。

厚生労働省の定義によれば、「健康上の問題で、日常生活に制限のない期間」としています。

すなわち、持病などがあったとしても、他人の手を借りずに“自立”した生活ができる期間のことです。

 

平成22年の調査結果によれば、日本人男性の平均寿命が79.55歳に対し、健康寿命が70.42歳、その差は「9.13年」

一方、女性の平均寿命は86.30歳に対して、健康寿命は73.62歳と、こちらは「12.68年」の差となっています。

そして、この平均寿命との差の期間は、ある意味「不健康な期間」という見方ができます。

したがって、近年、日本人の平均寿命は年々延びてはいますが、大切なのは健康寿命が延びているかどうかということです。

 

ちなみに、厚生労働省の平成13年と平成22年の調査結果を比べてみると、男性は平均寿命が1.48年の延びに対して、健康寿命は1.02年の延びでした。

また、女性は平均寿命が1.37年延びたのに対して、健康寿命は0.97年にとどまっています。

このようにみると、単純に「長生きになってよかった」と手放しに喜んでばかりもいられない気がします。

大切なことは、「健康で長生きすること」だと思うからです。

 

今後ますます医療技術の進歩により、平均寿命は延びていくことが予想されますが、健康寿命を延ばすポイントは、やはり各自の生活習慣、努力次第ということのようです。

何事も、「セルフコントロール」が重要ですね。

 

それでは、今週も平和な日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「男女とも、平均寿命過去最高を更新!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/08/07 12:35)

「平均寿命、過去最高を更新!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/08/12 12:31)

「日本は、高齢者が住みよい国!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/09/18 16:23)

「健康寿命、男女とも世界第1位!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/09/11 13:46)

健康寿命は日本世界第一位 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/11 09:36)