「物価連動債が人気!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「物価連動債が人気!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用

こんにちは!

さて、財務省によれば、物価変動によって元本が変わる物価連動債の10月の発行予定額を、当初の4000億円から1000億円引き上げて、5000億円とする方針のようです。

物価連動債とは、物価の上昇率(インフレ率)に応じて、「元本が調整される債券」のことです。

通常の固定利付債券の場合は、元本とクーポン利率は固定のため、利払い並びに満期の償還額は変動しません。従って、その後物価が上昇すれば、「実質の債券の価値」は低下することになります。

それに対して、物価連動債の場合は、クーポン利率は固定ですが、物価上昇に連動して元本が増加するため、利払いや償還額が増加する仕組みとなっています。つまり、物価連動債は、インフレがおきても実質的な価値が低下しない債券ということができます。

現在、日銀が“2%の物価目標”を掲げる中、市場では、将来に向けてのインフレが意識され始めています。

そのような中、「物価連動債」への注目度が上昇しているのです。

 

物価連動債を取り巻く最近の動きとしては、昨年10月に、「物価が下がっても元本を保証する仕組み」を取り入れました。

また、今まで個人は、物価連動債を組み入れた投資信託しか購入できませんでしたが、2015年1月から、個人投資家も投資できる予定となっています。

物価が上昇しても実質的に資産価値が目減りしないため、個人にも需要が見込めると判断したようです。

 

財務省は物価連動債の発行額を14年度に1兆6000億円と前年度よりも1兆円増やす計画です。前述の個人投資家の需要と共に、約130兆円の資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の購入増加も見越しています。

そして財務省の思惑の中には、インフレにも対応できることを“売り”に、国債の消化を順調に進める狙いもあると思われます。

 

FPや投資アドバイザーの中には、インフレ対応ができるため、推奨しているケースも散見されますが、あくまで「1000兆円を超える借金を抱えた国の国債(借金)」を買うということだけは、忘れないでおきたいですね。

 

それでは、今週末も穏やかな日々をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

「FX取引 5524兆円に!」(2016/05/20 12:05)

このコラムに類似したコラム

4月末投信残高、100兆円規模(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/26 09:00)

「2012年12月 67兆円」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/03/01 21:56)

10月23日円換算主要株価指数、主要国債利回、商品価格を掲載 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/24 17:00)

英米独の株価と金利動向(国債価格)に付いて 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/03 09:00)

国債の長期金利の変化は株価以上です 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/21 16:00)