House_IM -箱と自在な内の家- - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

宮原 輝夫
宮原建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

House_IM -箱と自在な内の家-

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

「先の事は判らないが、今は収集してきた美しいものに囲まれて生活したい」

施主の求めるギャラリーとしての機能と、様々に移り変わる日常への対応性。私たちはこの2つの機能を高度に、そしてローコストで実現する住宅を創りたいと考えました。

66坪の敷地に対して建物のボリュームは一辺10m、高さ4m程の直方体、これを全周に約1mの跳出しを持つ全面フラットなステージ状のRC造基礎を用いて、地盤から50cm浮かせて配置しています。まるで雲の様に見えるまだらな塗装による外壁は、少しでも自然界に寄り添うよう試みました。上部には建物全周にわたる高窓を配置しています。エントランスへ向かう浮遊感のあるスロープは、外の日常から施主の日常へのアクセスツールとして捉えました。

内部は中庭を含めて100m2の一空間となっていて、必要な機能は、高さ1.9mの目隠し壁・家具を用いてスペースを構成しています。その為空間はお互いに緩やかに接続され、各スペースも完全に区画されていません。屋根・天井は全て中庭へ勾配していて、室内から最大限の空(自然)を感じられるよう考えました。また中庭を中心に配置した正方形のプランを採用したり、全周に連続高窓を設けて外界との接続を均一化する事で、人々の定位感を失わせ方角からも解放しようと試みました。

一方、全面フラットなステージ状基礎と木造在来工法による構造は、構造解析により外周と中庭の柱によりのみ成立させているため、大きな一室空間を移り変わる施主の生活のステージ毎に、ギャラリーとして、個室として、子育てに必要なスペースとして、後の介護の為の準備として、無理なく間取り再構成出来るよう考えられています。


こうしてHouse_IMは、永く続く施主だけの日常空間を得る事が出来ました。


House_IM -箱と自在な内の家-は、2014年の第40回 東京建築賞 優秀賞受賞を受賞いたしました。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

目黒Yの取材がありました。 一條 美賀 - 建築家(2012/11/05 15:12)

玄関収納 松永 隆文 - 建築家(2016/05/12 10:13)

AVボードの設置 松永 隆文 - 建築家(2016/05/03 14:39)