コンサルタントを使いこなす体制づくり - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藤島 淑子
株式会社インディプロス 代表取締役/コンサルタント
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンサルタントを使いこなす体制づくり

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人事コンサルタントの使い方

人事コンサルタントの使い方 (2)コンサルタントを使いこなす体制づくり



最近よく、

「コンサルティングをしやすい会社の特徴は?」

とか、

「この会社はコンサルティングをすれば変わる、と感じる会社の特徴は?」

などという質問を受けることがあります。


そんなとき、私は決まって、

「社内の変革チーム(経営者や人事、企画部門など)とコンサルタントの
 役割分担やチームワークが出来ていること」

と答えています。



1) “会社を変えたい”と強く想う人がいて、

2) その想いを受けてプロジェクトと現場の橋渡しをしてくれる人がいて、

3) 専門的見地や経験、現場の知見を駆使して実行をサポートしてくれる
  人がいる。。。



1)は必ず社内に必要で、2)と3)は、コンサルタントと社内の人で、
特性や相性などを見ながら上手に住み分けをしていく必要がありますが、

いずれにしても、上記のような変革チームの役割分担やチームワークが
出来上がっていないと、なかなか会社を変えていくことは難しいのです。



でも実際のところは、上記のような体制が最初から出来上がっている
ケースは、あまり多くありません。


もともとそういう発想がなかったという場合や、人事や企画部門、
その他、想定しているプロジェクトチーム内にそのような人材がいなかった、
という場合など、理由は様々ですが。



そのような状況で、最近お手伝いするケースが増えているのが、
変革チームを作るための採用や、プロジェクトチームの人選のお手伝いです。

今の会社の状況を踏まえ、変革チームにどのような人が必要となるか、
という人材定義から、採用や人選のための面接代行まで、
プロジェクトの体制を整えるためのお手伝いをしています。



私たちコンサルタントとしても、コンサルティングを最大限活かして
いただきたいので、このようなお手伝いをさせていただけるのは
とても嬉しいですし、気合いが入ります。



「コンサルティングを依頼したいけれど、社内でそのアウトプットを
 使いこなせるかが不安・・・」

という理由で一歩を踏み出せない、という話もよく聞きますが、
そのような状況のときにこそ、まずコンサルタントに相談してみることを
お勧めします。


どのような体制を作ればプロジェクトが上手く進むのか。

その体制作りから、一緒に考えていきましょう!