窮屈でも・・・ - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

Dog Signal 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

窮屈でも・・・

- good

「ハウス」トレーニングをしよう。
人間の感覚で考えると、犬を狭いケージやサークルに閉じ込めるのは“かわいそう”と感じてしまうかもしれません。
でも、犬はそうは感じません。
逆に狭いところの方が安心できて好きなぐらいです。
※但しケージに入ることに慣れていない犬は、慣れるまで嫌がります。

私はラブラドールを2頭飼っていますが、うちの犬は頼まずとも勝手にハウスに入って寝ます。
今のように寒い時期は、一つのケージに2頭で入ったりもします。
見ていると窮屈そうなのですが、犬たちは満足そうに寝てるんですね〜(^-^)

「閉じ込める」なんて思わずに、ゆっくり休ませてあげる時間だと思って、「ハウス」に入れてみましょう!

このコラムはこの写真を使いたくて書いちゃいました(^_^;)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(しつけインストラクター)
Dog Signal 

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。