尊敬できない人にも尊重を、それが礼儀 - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

リリア株式会社 代表取締役
東京都
人の印象の専門家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

尊敬できない人にも尊重を、それが礼儀

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
礼儀作法

イメージ・コンサルティングに洋装・和装の着物、礼法など、日本文化に関する内容を盛り込んで参ります。

日本人に合わせたセルフ・ブランディング術をご紹介します。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

  日本人のためのハッピー☆イメージ・マネジメント! Vol.59

 

  今回のテーマ「 尊敬できない人にも尊重を、それが礼儀 」

 

                           日本文化・着物礼法研究家 吉武利恵

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

礼儀やマナーは、自分と相手の違いを認め、相手を尊重することであると、

前回のコラムでご紹介しました。

 

相手を尊敬していれば、自然と丁寧な動作が表れるものですが、、

相手をそれほど知らない場合や、尊敬できないと感じる相手や、尊敬したいと思わない相手などに対しては、相手を尊重する丁寧な動作は、自然と出てこないものです。

 

礼儀の一つにお辞儀があります。

お辞儀は、相手に対して敬意を表す動作であると、過去のコラムでお伝えしました。

 

「敬意」は、相手を尊敬する気持ちのことです。

「尊重」は、相手を尊いものとして大切に扱うことです。

 

もし、相手を尊敬できなくとも、自分と同じ命を持っている人としてであれば、尊重することはできませんか?

 

命の大切さは、立場や収入、頭の良さで、はかるものではではないと、私は思います。

だからこそ、自分以外の人に対して、尊重する親切な態度、丁寧な動作をして欲しいと思っています。

 

自分のことを大切に扱って欲しければ、まず先に、相手のことを大切に扱うことが近道です。

相手に対して、親切な態度、丁寧な動作で、ぜひ対応してみてください。

今までと何かが変わるかも知れませんよ。

 

・「尊敬できなくても、尊重する」これを始めると何が変わりそうですか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 人の印象の専門家)
リリア株式会社 代表取締役

人と人のコミュニケーションに欠かせない印象マネジメント

イメージコンサルティング、コーチング、カウンセリング、の技術を習得後、自身のブランディングの効果を元に、人の印象の専門家として、人のポテンシャルを最大化させる「印象マネジメント」を体系化し、企業向け、個人向けサービスとして現在展開中。

カテゴリ 「礼儀作法」のコラム

礼儀やマナーの真の目的(2014/09/29 11:09)

礼儀やマナーが必要な理由(2014/09/16 11:09)

このコラムに類似したコラム

礼儀やマナーに迷ったときは 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/10/06 11:00)

礼儀やマナーの真の目的 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/09/29 11:00)

礼儀やマナーが必要な理由 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/09/16 11:00)

前を通る時のお辞儀 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/05/12 11:00)

お辞儀の意味 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/03/24 11:00)