画面サイズ - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

画面サイズ



甲子園が盛り上がってきました。
浦添商が慶應を延長で破るなど熱戦が続いています。

五輪も柔道が最後を金で締め、野球も今後の期待です。

そんなスポーツが盛り上がっている時期ですが、
今日は8月15日。

63年前に戦争が終わった日です。
中国と日本の不幸な歴史が終わった日でもあり、
その後も微妙な関係が続いていますが、
先祖の犯した道を進まないように、我々は平和のありがたさ、
そしてそれを維持する信念を持つ必要があります。

ここに来て五輪でも日本VS中国の試合が続いていますが、
スポーツはスポーツ。
過去のことを忘れて気持ちいい声援をお互いに送りたいものです。

さて。前置きが長くなりましたが、今日は画面サイズの話。

ウェブが誕生し10年以上経ちました。
昔はA4印刷対応や画面サイズの狭さもあり、横幅600ピクセル程度が主流の時代があり、
800ピクセル前後のサイズが主流になり、最近では1000ピクセル程度のウェブも
珍しくなくなりました。
リキッドデザイン(横幅が変わる)がはやった時期もあり、
弊社も取り入れた時期もありましたが、操作性などから最近は固定の方が多いようです。

この画面サイズどれぐらいがいいかなという質問をよく受けます。
・どこまでのユーザに配慮するか
・実際にどのようなユーザが来ているのか
を考えて決めればいいと思います。
答えはありません。

実際に訪れているユーザの画面サイズはアクセス解析でもわかりますので、
是非確認してください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「便利なIT情報」のコラム

ウェブフォントの効用(2016/07/29 10:07)

Google chromeが重い場合(2016/05/13 17:05)