【平成27年1月からの贈与税の税率改正とその計算方法】 - 贈与税 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【平成27年1月からの贈与税の税率改正とその計算方法】

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 贈与税
相続税

<事例>
平成27年3月にA君は、父親から300万円・叔父さんから200万円
それぞれ現金の贈与を受ける予定です

平成27年1月から贈与税の税率が改正されるそうですが
A君の納付すべき贈与税額はいくらになりますか?

<回答>
平成27年1月から贈与税の税率が2種類になります
詳細につきましては、下記URLの国税庁の解説の2ページを
参照してください

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/aramashi/pdf/03.pdf

27年1月からの改正を簡単に説明すると
(1)父母・祖父母から20歳以上の子・孫が贈与を受ける場合に特例税率が
   適用される特例贈与財産と

(2)特例税率が適用されない一般贈与財産に区分されます

上記事例では、A君が父親から受取る300万円が特例贈与財産で
叔父さんから受取る200万円が一般贈与財産となります

これらの2種類の贈与財産を受取る場合の贈与税の計算方法は以下のとおりです

平成27年度の年間受贈財産合計は
300万円+200万円=500万円

基礎控除額を控除すると
500万円-110万円=390万円

特例贈与財産に対する贈与税は
(390万円×15%-10万円)×(300万円/500万円)=291,000円

一般贈与財産に対する贈与税は
(390万円×20%-25万円)×(200万円/500万円)=212,000円

年間贈与税総額は
291,000+212,000=503,000円

参考までに、平成26年12月末までに同額の贈与があった場合の
贈与税額は、

(500万円-110万円)×20%-25万円=530,000円

となりますので、特例贈与税率が適用されることで
27,000円の減税となります。


○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●
『知らなければ損をする
 オーナー経営者&地主さん必読
 社長の節税と資産づくりがまるごとわかる本』

 共著の本が出版されました。
 ご希望の方には無料でお届けいたします

 連絡先は、office@marlconsulting.com
 
 
『社長の節税と資産作り』の本希望と、メールを送信してください

○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●
法人設立について下記URLのHPからご予約のうえご相談に来ていただいた方
全員に

『儲かる会社のはじめ方 会社設立』を無料プレゼントします
http://www.oumi-tax.jp/

○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●
この記事以外にも、下記URLのAll ABOUT JAPANの私のコラムの
書込みをしていますのでご覧ください

http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関
 として認定されています
 
  近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting2.com/
  近江清秀公認会計士税理士事務所(相続税専門HP)
 http://www.kobesouzoku.com/
  近江清秀公認会計士税理士事務所(法人税専門HP)
 http://www.oumi-tax.jp/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi/
  マイベストプロ神戸のページ
 http://mbp-kobe.com/kobe-souzoku/
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「相続税」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

「相続」に関するまとめ

  • 相続や相続税の仕組み、また事前準備、相続発生後の不安に役立つ情報をご提供します!

    相続のお悩みは本当に人それぞれ。親族同士で揉める「争族」、また遺言書が見つからない、相続発生後に知らない親族が出てきた…土地や建物の持ち主が分からない!などの問題もよく出てきます。それに加えて平成27年1月の相続税改正後、課税対象者は約5万人増えるとも言われています。 「我が家には関係ない」と思っていると、莫大な相続税が課税されてしまうかもしれません…! どういう人が相続税の課税対象になるのか、また改正内容を事前に知っておくことで自分の相続や、両親など親族の相続時に活かせる可能性が充分あります。相続税の発生、自分の相続のための生前贈与の準備や遺言書作成など、相続発生前~発生後まで幅広く専門家がサポートいたします。 ここでは、相続ってなに?税制改革で何が変わるの?という初歩的な疑問に専門家がお答えします!

このコラムに類似したコラム

相続税は重く…優遇された贈与税は花盛り(前篇) 大泉 稔 - 研究員(2015/07/10 07:26)

【相続税対策】平成27年の改正の要点 大泉 稔 - 研究員(2015/07/06 21:57)

住宅資金の贈与か金銭貸借か? 遠山 桂 - 行政書士(2015/06/24 20:51)

【上場株式を負担付き贈与で贈与する際の評価額】 近江 清秀 - 税理士(2014/09/01 07:00)

夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除を活用した贈与事例 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/22 18:21)