戦略の明確化に役立つ道具 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

戦略の明確化に役立つ道具

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 こうやって進めよう
革新のレベルを目指す場合、先に述べた「経営戦略」を明確にする必用があります。

筆者は、BSC(バランス・スコア・カード)を利用することをお勧めしています。

なんだ、横文字か・・・
そう思われたかもしれません。

しかし、BSCの考え方は、実は日本の伝統的経営手法に極めてなじみが深いものなのです。
アメリカ生まれと言いながらも、本質的な部分は日本オリジナルなのです。

BSCは、1980年代の日本の経営を、米国が徹底的に研究した結果うまれたものです。
1980年代は、Japan as No.1 という言葉が生まれた様に、日本が世界的に最も強かった時代になります。
逆に米国はとても景気が悪く、多くの米国企業が苦しんでいました。

当時の米国では、経営者の評価は1年が終わった時にでてくる決算書において、経常利益が高ければ良い経営者。経常利益が低ければ悪い経営者であるとされていました。
ところが、日本では、経常利益はそんなに出ていない会社でも、活気があったり、売上げが上がっていたりします。そんな日本にどうしても勝てない。
それが米国企業の実態でした。

そこで米国が日本的経営を研究したのです。
その結果、米国が導き出したのは、日本では経常利益だけで経営を評価していないということでした。

基本的には、経常利益を中心とする財務の視点は重要です。
しかし、それだけで経営を評価せず、お客様の視点から見て評価されているのか、業務プロセスは適切かどうか、従業員教育、採用の体制、成長性、商品やサービスの開発等々の観点から、複合的に評価されていることに米国が気づいたのです。

そこで、米国でも、複合的に経営をみていくべきである。という考え方に至り、体系化されました。
それがBSCなのです。

言い換えると、日本的経営を体系的にまとめたものであるのです。

だからこそ、BSCは日本企業に最も適していると言えるのです。



集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一