やってみると驚きます - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やってみると驚きます

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 こうやって進めよう
「手順書」や「マニュアル」は最初から完璧なものを作る必用はない。そう申しあげましたが、逆に言えば、少しずつ継続的に見直していかねばならないものなのです。

なぜなら、ざっくり作った「手順書」「マニュアル」には業務の抜けがありますし、あって当然です。
この「手順書」や「マニュアル」に抜けがあると、誰でも同じ仕事をいつでもできるという状態にはできません。

そこで、一度作った「手順書」「マニュアル」は常に手元において、自分が仕事をする際に確認していくのです。

こうすることで、自分の仕事を効率よく進めることができますし、「手順書」や「マニュアル」に抜けがあっても、それに気づくことができます。

そうした「抜け」や「間違い」に気づいたら、すぐに修正、追加を加えていくのです。

WORD や Excel で作られた資料ですから、修正や追加も簡単です。

どこに、何があるのか?を明記した資料を見て、どんどん修正を加えていきましょう。

そうした見直しを
2〜3回やれば、それなりの完成度をもっているはずです。

ある程度の完成度をもった手順書やマニュアルができあがった時、WORD や Excel のスキルだけでなく、業務効率が上がっていることに驚くことと思います。


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一