監理の中で一番大事な「かぶり厚さ」 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

監理の中で一番大事な「かぶり厚さ」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
wa+
基礎の配筋が終了し、立ち上がりの型枠工事も終了。

今日は、設計監理を行う中で、一番重要な「かぶり厚さ」の検査の日。

「かぶり厚さ」とは、鉄筋にコンクリートがかぶさる厚さのことです。

この「かぶり厚さ」が規定通り確保されていないと、コンクリートの中性化による、鉄筋の錆の発生や、基礎のひび割れの原因となります。

型枠が組まれると、かぶり厚さが確認できます。

コンクリートを打設されてしまうと、隠れてしまい、確認が出来ないことになる為、最重要検査箇所として、必ず検査を行ないます。検査合格の通知後でなければ、コンクリートの打設の許可は出しません。

全箇所にスケールを当て、規定通りなのか?をすべてチェックし、不備部はすべて手直しとなります。