【上場株式を負担付き贈与で贈与する際の評価額】 - 贈与税 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【上場株式を負担付き贈与で贈与する際の評価額】

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 贈与税
相続税

<事例>
Aさんは、株式会社X(東証1部上場)の株式1万株を長男Bに
平成26年7月31日に贈与しました。

X社の株価は、以下のとおりでした
7月31日・・・・・・・・・1500円
7月の最終価格の平均・・・1300円
6月の最終価格の平均・・・1000円
5月の最終価格の平均・・・1100円

そこでAさんは贈与税を節税するために以下のような
負担付き贈与を思いつきました

株式会社A社の株価を1000円×1万株=1000万円と
評価し贈与したうえで、、同額の1000万円のAさんの借入金を
長男に支払いを引き受けさせました。
この1000万円の借入金はA社株式購入と関係ありません

Aさんは、この方法によって
1000万円のA社株式を贈与すると同時に1000万円の負債の支払いを
引受させたので、贈与税は0円になると考えました。

この方法は、正しいですか?

<回答>
贈与税は課税されます

X社の株価は1500円×1万株=1500万円
1500万円-1000万円=500万円
この500万円に対して贈与税が課税されます

Aさんは、X社の株価評価について相続・贈与時の評価方法で
算出しました。

そもそも、一般的な相続・贈与による財産の取得は偶発的かつ
無償の取得であるため、株価の評価は上記の4つの株価から
最も低い株価を選択することが認められています
(財産評価基本通達169(1))

しかし、上記規定は負担付き贈与には適用されません。
負担付き贈与による財産の取得は、一般の売買取引に
準じた対価を伴う経済取引行為と考えられているからです
(財産評価基本通達169(2))

上場株式の負担付き贈与を実行する際には
株価の算定にご注意ください


○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●
『知らなければ損をする
 オーナー経営者&地主さん必読
 社長の節税と資産づくりがまるごとわかる本』

 共著の本が出版されました。
 ご希望の方には無料でお届けいたします

 連絡先は、office@marlconsulting.com
 
 
『社長の節税と資産作り』の本希望と、メールを送信してください

○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●
法人設立について下記URLのHPからご予約のうえご相談に来ていただいた方
全員に

『儲かる会社のはじめ方 会社設立』を無料プレゼントします
http://www.oumi-tax.jp/

○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●○○○●●●
この記事以外にも、下記URLのAll ABOUT JAPANの私のコラムの
書込みをしていますのでご覧ください

http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関
 として認定されています
 
  近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting2.com/
  近江清秀公認会計士税理士事務所(相続税専門HP)
 http://www.kobesouzoku.com/
  近江清秀公認会計士税理士事務所(法人税専門HP)
 http://www.oumi-tax.jp/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi/
  マイベストプロ神戸のページ
 http://mbp-kobe.com/kobe-souzoku/
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「相続税」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

相続税は重く…優遇された贈与税は花盛り(前篇) 大泉 稔 - 研究員(2015/07/10 07:26)

【相続税対策】平成27年の改正の要点 大泉 稔 - 研究員(2015/07/06 21:57)

相続税・贈与税の基礎知識 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/06 14:14)