『農村住みたい』都市住民の3割 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『農村住みたい』都市住民の3割

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

日本経済新聞の記事によると、

内閣府は農山漁村に関する世論調査結果を公表した。

都市部に住む人のうち『農山漁村に定住したい。』と答えたのは31.6%で、

2005年実施した同様の調査と比べて11ポイント上昇した。

 

年代別では20~29歳が38.7%と最も高く、

若者層の間で田舎暮らしに憧れる高まっているようだ。

 

定住実現に必要な条件を複数回答で尋ねたところ、

『医療機関の存在』が68.0%でトップ。

『生活が維持できる仕事』が61.1%で続き、

受け入れ側の課題が改めて浮き彫りになったとのことです。

 

たくさんの方のライフプラン設計をやらせてもらっていますが、

ご相談された方の中には田舎暮らしに憧れる方も少なくありません。

費用的な面からは都会で生活するのと比べても、

野菜などを自給自足とまではいかないまでも、

程度自分で賄うことで基本生活費を大分抑えることができます。

 

田舎暮らしでは医療機関や収入を確保するための仕事も勿論必要なこととなりますが、

田舎暮らしをしていく場合、

地域の住民の方とのつき合いにつきましても、

とても重要です。

行事などの地域活動にも積極的に参加していって、

一日も早く地域にとけ込めるようにしていく必要もありそうです。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 50代&60代ご夫婦のハッピーリタイアメントプラン・提案書付

不安のない『老後資金対策』のご提案をいたします。

料金
30,000円

あくまでも個人の方のマネープランや、ライフプラン設計にこだわり、
10年以上の実績と経験が、あなたの将来の夢の実現のためにアドバイスします。

50代&60代ご夫婦のハッピーリタイアメントプラン・提案書付

このコラムに類似したコラム

【専門家に聞く!】「ライフデザイン」とは何ですか? 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/10 10:00)

カナダガンから学ぶ、仲間を思いやる心 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/30 18:55)

消費税UPには「セレブ☆節約術」で! 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2013/10/01 20:55)

『生活に満足』71% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/23 19:10)

お盆のライフプラン相談 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/14 18:05)