住宅資金贈与の優遇拡大が実施されそう 。 - 住宅費用・資金計画 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅資金贈与の優遇拡大が実施されそう 。

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅費用・資金計画

政府もなかなか思い切った事をしますね。

政府は消費税で落ち込んだ住宅市場を立て直すため、住宅の贈与税の非課税制度を拡充する方針です。

現在は住宅資金をもらった際に最大1000万円まで贈与税がかからない優遇措置があるが、これは来年から3,000万円に引き上げようと求めてまとめ財務省と調整しているようです。

確かに日本人の現預金の6~7割は⑥5歳が持っておると言われているので、若い世代に移転させる政策はよいですね。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

祖父母からの住宅資金の贈与 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/23 10:00)

1/8(日)海老名ハウジングセンター住宅セミナーのお知らせ 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/03 12:47)

住宅関連|贈与税の非課税枠は? 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/31 15:17)

住宅資金贈与非課税特例の適用者(平成21年実績) 佐藤 昭一 - 税理士(2010/07/02 17:35)

住宅資金(11)親のスネをかじる(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/28 09:17)