【お悩み相談】結婚式が面倒くさい - 恋愛・結婚の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【お悩み相談】結婚式が面倒くさい

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 恋愛・結婚の不安
夫婦問題 お悩み相談

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 

本日のお悩みはコチラ▼

 

 

 

【お悩み】

 

バカみたいな悩みですいません。

 

結婚式が面倒くさいのです。

 

もう、疲れてしまって、どうでもいいという感じです。

 

ドレスのことなのですが、母が和装じゃなければダメだというのです。

 

私は子どもの頃からマリアベールに憧れていて、どうしてもチャペル式でドレスが着たいのです。

 

でも母は私がドレスにしたいと言うと泣くのです。

 

「お母さんはおばあちゃん(=父の母で、母にとっては姑です)の言う通りにしたから、自分が着たいものは着れなかった。アンタの結婚式が楽しみだったのに」

 

と言って、式場で泣かれたのです。

 

思えば成人式のときも、私には一言の相談もなく母好みの振袖を着ました。

 

「私も決めたかった」

 

と言ったら、そのときにも泣かれました。

 

「おばあちゃん(=母の母です)が勝手に決めた着物を着させられたから、せめてアンタの成人式には良い着物を着せてやりたかったのに」

 

というようなことを言ってました。

 


結婚式に向けて張り切っている母を見ていると、なんだか申し訳なくて、もう私が諦めてしまえば早いんじゃないかと思っています。

 

そうすれば母も満足するでしょうし、きっとそれが親孝行なのですよね・・・

 

たった数時間の我慢だから、母を喜ばしてあげた方がいいのですよね・・・

 

 

 

 


【お答えします】

 


お衣装は大事ですよ(^^♪

 

バカみたいな悩みなんかじゃありません。

 

 

結婚式というのは、お世話になった人たちへ感謝をする場でもあります。

 

ですから親の望みを叶えてあげることもアリだと思います。

 

でも、自分たちがプロデュースした式にお招きして楽しんでいただくことで、感謝の気もちを伝えることもできますよね。

 


相談者さまは、諦めようというお気持ちが強いようですね。

 

諦めという感情は怒りのカテゴリーに属しています。

 

実は、諦めたときというのはジットリと怒っているんです。

 

怒りを胸に秘めながら新たな人生に踏み出すのは、しんどいですよね。

 

なんとか納得いく道を探してみましょう。

 

 

お母さんは、自分の夢を相談者さまに託しているんですね。

 

同時に、実のお母さんと義理のお母さんへの仕返しを相談者さまにしているとも言えます。

 

仕返しされているにも関わらず、相談者さまはお母さんに申し訳なさを感じているのですね。

 

お母さん思いなんですね(^^♪

 


でも、お母さんは相談者さまが和装にしても、たぶん満足しません。

 

それはお母さんの中の悔しさが解消されないままだからです。

 

だから成人式のときだけじゃ足りず、結婚式のことも口を出すんです。

 

もし和装を選べば、お母さんは一時的には満足するでしょうが、すぐにまた満たされない気もちになって苦しくなってしまうでしょう。

 

そうすると、お母さんの要求はエスカレートしていくかもしれません。

 

 

相談者さまが申し訳なさを感じるのは、もちろん優しさからですよね。

 

でも、それだけではありません。

 

お母さんが自分の境遇に同情させることで、相談者さまは幸せを感じることへの罪悪感を背負ってしまったんです。

 

同情、憐れみ、罪悪感を抱くと、人は相手の言うことをきいてあげたくなってしまうことがあります。

 


今は

 

「たった数時間の我慢だから、母を喜ばしてあげた方が」

 

と思われていますが、それが数時間の我慢では済まないということは、お母さんを見ていればわかりますよね。

 

結婚式に思いを残せば、お母さんと同じように何年も悔しい思いをするかもしれません。

 

それはとても苦しいこと。

 

おばあさま達の尻拭いを相談者さまがする必要はありません。

 

それを踏まえた上で、お母さんの希望を叶えてあげたければそうすればいいですし、子どもの頃からの夢をかなえたければ、ドレスを選べばいいだろうと思います。

 

いずれにしても、お母さんと一度はぶつかる必要がありそうです。

 

もし罪悪感による支配に困ったら、カウンセリングをご利用になってみてくださいね(^^♪

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

こんな男とは結婚するな 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/30 23:18)

優しい男性と結婚する際の注意点 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/25 20:00)

結婚している意味がない 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/03 20:00)

【お悩み相談】奔放な女に腹が立つ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/01/08 19:00)

「自分を大切に扱う」って、結局どうすることなんですか? 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/31 19:00)