「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その47 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その47

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般



第5章 CHECK:フェアな評価をしてやる気を高めよう・・・・フェアに評価しないからやる気を無くすのです
④店舗戦略の途中経過を確認しよう・・・上司とフォローアップのタイミング・中間目標を決めておこう

「さて、本日の研修では、PDCAの進捗状況についてのフォローアップをしましょう。」

PDCAを開始してから4ヶ月たちました。この日は、「売上苦戦店復活プロジェクト」メンバーのための研修が、本社で行われていました。その研修の冒頭で、M部長は、「今日はPDCAの進捗状況についてのフォローアップを行う」と店長達に伝えました。

「フォローアップ」・・・これは、「追跡調査」のことを言います。デジタル大辞泉によると「ある事柄を徹底させるために、あとあとまでよく面倒をみたり、追跡調査をしたりすること。」とあります。つまり、このプロジェクトで立てた目標を達成するために、進めている戦略戦術が予定通りに進められているか、を確認し、問題、課題があればアドバイスをしたり相談に乗ったりする、と言うことです。

このフォローアップは、店長や部下が目標を達成するために「忘れない・飽きない」「軸をぶらさない」「優先順位を守る」「集中する」「行動を継続する」、そして「あきらめない」ために、とても重要な「上司」の仕事です。このフォローアップがあるから、PDCAのDOは、継続出来るのです。

店長は、スタッフの「行動目標」を達成させるために、毎日のように顔を合わせ、適時声をかける事が出来ます。また、スタッフの場合は、「仲間の応援の力」を継続のために活用出来ます。しかし、店長は、たくさんのスタッフに囲まれながらも、実際はけっこう孤独なのです。「店長の立場」「店長の事情」は、そう深い所までは部下やスタッフは理解してくれません。そう、店長は孤独なのです。

だから上司は、店長を放置せずに「フォローアップ」する必要があるのです。

前にも書きましたが、店長がやる事は非常に多いのです。チェーン店の場合でも個人店の場合でもそれは同じです。チェーン店ならば上司や本部に提出する書類作りがあります。個人店ならば役所等に提出する書類作りなどがあるでしょう。さらに発注やバイトの採用、面談やらトレーニングやら、時にはクレームがあったり、ご近所付き合いがあったり・・・そんな風にドタバタしていると、スタッフが風邪で急にキャンセル。代わりがいなかったら自らシフトイン。

さらに、キャンペーンがあり、フェアがあり、イベントがあり・・・そこそこ大きなチェーンで何から何まで本部がお膳立てをしてくれているように見えても、それを店で実行するのは店長の役目。店長は忙しいのです。

そんな中で、PDCAで店舗運営の根っこの部分を見極めて、優先順位を決めて計画を実行しよう・・・・と言われてスタートしたことなど、どんどん優先順位が下がってしまうのです。
「あれ?これって本当に優先順位の高いものを整理して集中させるためにやったんじゃあなかったっけ?」
そんな風に足もとを見つめ直せれば良いのですが、なかなかそんな余裕はありません。

正しくPDCAを廻すと言うことは、+αでPDCAをする事とは違います。店長の全ての仕事、スタッフが行う全ての仕事をPDCAで廻すと言うことなのです。そんな本質的なことを「孤独で忙しい店長」は忘れてしまうのです。

だから・・・・「上司によるフォローアップ」が必須なのです。

PDCAのDOの実行スケジュールには、あらかじめPDCA期間に合わせた「フォローアップ日程」を決めておくようにしましょう。最低でも月に1回は必要です。そして、この日は「全てをPDCAの中に取り込んだ上で」、改めて計画の進捗確認と見直しを行いましょう。

上司、スーパーバイザー、エリアマネジャー・・・時には経営者直かも知れませんが、PDCAを廻そうと思うのならば、必ずこのスケジュールを決めておくことです。そして、「その日にはどの計画がどの程度進んでいるか」をあらかじめ「想定」していき、その「想定と現実との差」について、具体的に話しようにしましょう。
このフォロアップミーティングが、ただの雑談で終わることのないようにすることが、PDCAを進める上で忘れてはいけないことですからね。

ではまた明日。

※「売上を伸ばし続けるPDCA」「ショップPDCA」についてのセミナー、研修、コンサルティングなどについては、弊社までメールをいただくか、このホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その69 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/09/05 06:34)

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その66 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/09/02 06:30)

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その45 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/08/12 06:03)

おお~いいね!・・・スタッフ全員の試食の感想をポスター化しているハンバーガーショップ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/02/27 06:27)

ああ~もったいない・・・お客様の目の前で新人の指導をし続けるベテランスタッフ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/01/12 06:17)