屋根のリフォーム・修理で絶対に失敗したくない方へ【特集】(全7回特別講座) 第四項 - 屋根塗装・屋根リフォーム - 専門家プロファイル

森 幸夫
低コスト・リフォーム研究会 
埼玉県
代表

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根のリフォーム・修理で絶対に失敗したくない方へ【特集】(全7回特別講座) 第四項

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 屋根塗装・屋根リフォーム


第四項
『安く仕上げる方法の落とし穴とは?』





屋根のリフォームというと、今ある瓦をなどの屋根を剥がして新しい屋根材を張る、
いわゆる『葺き替え』をイメージされる方が多いと思います。


しかし、実は屋根のリフォームの方法は、葺き替えだけではありません。
他にも『塗装』や『かぶせ葺き』といった方法もあるのです。


ではそれぞれご説明致します。




■塗装

この方法はコロニアルや金属屋根の場合に用いれらる方法です。
(陶器瓦の場合、塗装することはありません)

文字通り、屋根材の上からペンキなどの塗料を塗ることによって
、耐水性や耐久性をアップさせる方法です。

『葺き替え』や『かぶせ葺き』に比べると、費用は安くてすみますが、
コロニアルの場合、3~5年ごとに塗装をする必要がありますので、
永い目で見れば『葺き替え』してしまった方がお得な場合もあります。

数年後に建て替える予定があるような場合などは、
一時的な処置として『塗装』を選択される分にはよろしいでしょう。


ちなみに、費用の目安は、屋根面積50㎡の場合で25~38万ほどです。




■かぶせ葺き(重ね葺き)


『かぶせ葺き』というのは、今ある屋根材を剥がさずに、その上から新しい屋根材を張る方法です。
現状がコロニアルの場合によく行われます。
(表面が平らな屋根の場合のみ可能で、陶器瓦のような凹凸のある屋根の場合はできません)

剥がす手間が要らない分、『葺き替え』よりも費用が安くすむといったメリットがあります。


但し、下地が腐っていたり、穴があいていたりしている場合あh、お勧めできない方法です。

ちなみに、費用の目安は、屋根面積50㎡で約55万ほどです。



■葺き替え

『葺き替え』は、古い屋根材を剥がして、新しい屋根材に葺き替える方法です。
どんあ屋根材に対しても可能で、特に下地材の傷みが激しい場合は、
この方法でないと対応できません。

ちなみに、費用の目安は、屋根面積50㎡の場合で約68円ほどです。





次回、第五項は『屋根葺き替えの流れとは?』です。

ではまた次回をお楽しみに!


屋根の修理なら
雨どいの修理なら



 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム