予想外!意外とかかる諸費用 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

野城 郁朗
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

予想外!意外とかかる諸費用

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編
私はよくカウンセリングの時に最初にお客様に聞いてみます。

「諸費用はどれくらいかかると思いますか?」



「そうですね〜。だいたい5%ぐらいですか?」



そんなお返事が一番多いですね。

それでは実際はいくらかかるのでしょう?


物件を購入する時にかかる諸費用とは

◆ローン事務手数料
◆ローン保証料
◆火災保険料
◆登録免許税
◆仲介手数料
◆印紙代
◆固定資産税、都市計画税の日割り精算金

などがあげられます。

借り入れの期間、金額
物件の種類、金額などによって違いますので
一概にいくらとは言えません。

しかし、頭金が2割ぐらい用意できる場合は
およそ物件価格の7%ぐらいになります。



次回は具体的に数値をあてはめて見ましょう