「若者は没個性」と言う人の方が実は没個性? - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「若者は没個性」と言う人の方が実は没個性?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

 「最近の若者は個性がない」とおっしゃる方がいます。若者とは言えない年齢の人から聞くことが多いので、よくある“今どきの若者批判”かもしれませんが、確かにそんな風に感じることはあります。


 私が20代の人と接することが多いのは、主に企業での採用面接など、その人の日常生活とはちょっと違う場面なので、見え方に偏りがあるかもしれませんが、どちらかというと真面目で素直な良い子が増え、人と違うことで目につくような、例えばすごく変わったバイトをしていたとか、普通ではあまり経験しないような個性的な活動をしてきたというような、そういう面で印象に残る人には、あまり出会わなくなったように感じます。


 そんな漠然とした自分の感覚の中で、先日ある方がお話された内容から、その感覚が少し間違っているのではないかということを思い始めました。

 自分が思っている基準に照らして、勝手に個性がないと決めつけていますが、それは単なるステレオタイプの思い込みではないかということです。


 例えば、今の若者はSNSなどを通じて自分の意見を広く開示したり、ブログなどで考えていることを発表したりする人が大勢います。多少危うい使い方はあったとしても、自分の意見をまとめてしっかり述べることができるのは、一つの個性だと思います。

 これがバブル世代前、もしくはその周辺の世代の人たちがまだ若かった頃、今のような環境がないということはあるにしても、そんな自分を発信する活動をしていた人はごく少数だったと思います。


 ファッションや持ち物にしても、今は流行はあってもそれが多様化していて、早いサイクルで個性的なファッションがどんどん出てきます。

 私達の時代であれば、黒色が流行っているとなれば、誰も彼もみんな黒服を着ていたし、ある高級ブランドバックが流行ったとなれば、みんながお揃いのように、同じバックを持って歩いていました。

 これに対して今の若者は、やたらとお金ばかりかけるようなこともなく、自分の身の丈に合ったファッションを、自分の個性で楽しんでいるように思います。


 また、最近の若い人は海外に行きたがらなくなったなどという話を聞きますが、その一方で若くして海外で活躍するスポーツ選手などは、私たちの時代に比べれば圧倒的に増えています。

 周りの人は海外へ出て行きたがらない環境の中でも、自分は目的を持って外へ行き、そこで芽を出して活躍する人がたくさん出てきているということは、自分という個性を持った人が増えているともいえます。


 こうやって考えてみると、現在40代、50代というような私たちの世代の方が、実はよっぽど個性がないし、みんな横並びで同じようなことをしていたようにも思えます。

 これはきっと「何を個性と捉えるか」という視点の違いであり、今の若者に対する見方は、年長者による自分勝手な基準での「決め付け」のように感じます。


 今一度、「思い込みを排除して物事を見る」ということをしていかなければならないと、感じているところです。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

会話から「主語」がなくなってしまう理由 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/11/08 08:00)

「あうんの呼吸」に頼るマネジメントの弊害 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/04/28 08:00)

利益代表になってしまう困った管理職 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/05/20 08:00)