免税金額が下がり、評価額も高めに出るように - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

免税金額が下がり、評価額も高めに出るように

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は館山で子供らと合宿をしている予定です。
立廻剣術の合宿、かれこれ4年ほど通っています。

相続税の諸々についてお話しています。
改正前の状況について書きましたが、これらが諸々の改正でどう変わったのでしょうか?

…ここでいう改正ですが、実際にはこの数年間をかけて進んだと思って下さい。
喫緊の改正が非常にインパクトの強いものだったので注目されていますが、実際には数年前から以下のような傾向が続いていました。


・相続税上の基礎的な免税金額が引き下がった
・亡くなった方の持ち物を評価するとき、金額が高く出るようになってきた

免税点が下がり、持ち物の評価額が増えればどうなるのか?
相続税額が増えることは簡単に想像できます。

改正前が1億円くらいと言いましたが、今回の改正で数千万円くらいの持ち物があると税金を納める必要が出てきたかな、という状況になってきました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

仲が悪いまま死を迎えると… 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/16 07:00)

びた一文負けてもらえない会社への貸付 高橋 昌也 - 税理士(2014/09/10 07:00)

儲かっていた会社の株式は価値が高い 高橋 昌也 - 税理士(2014/09/08 07:00)

相続税の試算をしておくこと 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/27 07:00)

税務上の問題が無かったことも多かった 高橋 昌也 - 税理士(2014/10/30 07:00)