宅建主任者について - コラム - 専門家プロファイル

柳 一幸
株式会社アライバル 
東京都
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

宅建主任者について

- good

皆様こんにちは。
アライバルの柳です。

今回のコラムは宅建主任者について書きたいと思います。

宅建主任者は、正式には宅地建物取引主任者といいます。

宅建主任者の仕事としては、
以下の三つの専権事項があります。

・35条書面(重要事項説明書)に記名・押印すること。
・37条書面(賃貸借契約者)に記名・押印すること。
・重要事項を説明すること。


特に重要なのが、重要事項説明です。

賃貸マンションを契約する前に、必ず重要事項説明がありますが、
その際に発行する重要事項説明書に宅建主任者が記名・押印をして、
宅建主任者が重要事項説明書の読み合わせを行います。
宅建主任者は、重要事項説明をする際には、必ず主任者証を提示しないといけません。
宅建主任者が重要事項説明を行わないと、宅建業法違反となります。
また、紛失等で提示できない場合は、重要事項説明が出来ません。

重要事項説明を経ないと、賃貸借契約は出来ません。

重要事項説明書には、賃貸借契約に関して、非常に重要な事項が記載されておりますので、
入居期間中にトラブルが無いように、不明な点は、宅建主任者に質問をして、
クリアな状況で、その後の賃貸借契約を締結してください。


アライバルでは新宿・中野・渋谷エリアを中心に高級賃貸マンションを多数取り扱っております。
新宿・中野・渋谷エリアを中心とした高級賃貸マンションサイトはこちらからご確認いただけます。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

外国籍の方の賃貸借契約 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/26 20:15)

賃貸借契約書類の訂正について 柳 一幸 - 不動産業(2014/12/25 08:37)

解約予告の撤回について 柳 一幸 - 不動産業(2014/12/04 08:38)

第三者名義での賃貸借契約について 柳 一幸 - 不動産業(2014/05/29 11:06)

賃貸借契約前のキャンセルについて 柳 一幸 - 不動産業(2014/05/02 19:08)