「私たち、つき合っているのかな?」という不安に駆られたら読んでください - 恋愛・結婚の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「私たち、つき合っているのかな?」という不安に駆られたら読んでください

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 恋愛・結婚の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

独身女性からの恋愛相談では

 

「男の人って、本命じゃない女性とも男女の仲になれるんですか?」

 

というご質問をお受けすることがあります。

 


要は、相手が意中の女性じゃなくても性交渉が可能なのか?

 

ってことですよね。

 


答えはイエス。

 

(もちろん、そうじゃない男性もいますけどね)

 

 

何度か書いてきましたが、男女の出会いの目的は生殖です。

 

男性にとって、生殖とは性行為そのものを指します。

 

自分の遺伝子をいかに多く残すかということが男性の使命なんです。

 

 

一方女性にとっては、妊娠、出産、子育てまでをも含めての生殖です。

 

その分、時間がかかりますし、身体への負担もありますので、リスクは計り知れません。

 

ですから女性は生殖相手を厳選する必要があるんですね。

 

相手を間違えると大変なことになりますから、誰彼構わずという訳にはいきません。

 

先日投稿した記事に、女性はパートナーとよその男性を比較すると書きましたが、これは、自分が厳選した相手が果たして正解だったかどうか確認したいからという理由もあるんです。

 

周りの男性と比べて自分のパートナーが素晴らしいということを確かめて、安心したいんですよね。

 

 

生殖相手を厳選する女性にとって、男女の仲になれるのは本当に好きな相手。

 

だから男性にとってもそうに違いないと思い込んでしまうのは、無理もないことだと思います。

 

そのため、一度でも肉体関係があれば

 

「私たち、つき合っている」

 

って思ってしまうんです。

 


でも、男性はそうじゃありません。

 

身体が結ばれたからといって、その相手を彼女として認定したわけじゃないんです。

 

「私たち、付き合っているのかな?」

 

と不安に思うときがあったら、二人の出会いが身体の関係から始まらなかったかどうか思い返してみてくださいね。

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

私は結婚できる?できない? 井浪 啓之 - 保険アドバイザー(2014/07/06 23:08)

素晴らしき“出会い”のために ~過去の心の傷・痛みの解放 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2015/09/06 18:40)

彼女のストーカースイッチ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/15 20:49)

「直観で気づく出会い」 右脳の恋? 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2015/06/10 17:58)

結婚後、上手くいかなくなる相手を見抜く方法 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/07 22:20)