子供がはまる勉強 - Big John Math【算数を英語で】の秘密 - 家庭学習・教育支援 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:子供の教育・受験

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供がはまる勉強 - Big John Math【算数を英語で】の秘密

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供の教育・受験
  3. 家庭学習・教育支援
英語学習方法 Big John Math Series

26年英語教育においてPartnership を続けている相棒のカナダ人。

数学とComputer Scienceがもともとの専門。

英語エッセイライティングを日本人に教えるBest TeacherのRobert McMillan.


日本の子供の脳をフル回転モードに持っていくコンピューターソフト”Big John Math” を創造するに至った驚きの理由をFacebookで公開中。

余りにも面白いので、コラムでもちょっと説明。


英語勉強中の人は対訳付きの内容が役に立ちと思います。

Robert は日本人生徒に英語のエッセイが書ける魔法を教える先生でもありますからね。

 ******************** 

The biggest mystery in Japan – and there are many – is why kids go to "juku", or cram schools.

(日本には不思議がいっぱい。 その中でも格別不思議なのは、子供たちが塾(詰め込み学校)に行くこと。)


Who wants to go to school when you don’t have to?!

(無理に行く必要がないのなら、だれが学校なんて行きたいかな?)


Do they do it out of habit? To please parents? Because everyone else does?

(なんとなく習慣になっているかな? 親を喜ばせるため? みんなが行くから?)


I’ve spent a good 26 years thinking about this and I still don’t know.

(26年間うんうん考え続けましたが、未だにわかりません。)


In the end, I gave up trying to figure out why. Instead, I did what anthropologists tell you not to: I imposed my values on my students.

(とうとうわけを突き止めるのはあきらめました。 その替り、文化人類学者のやり方と同じことをしてみました:私の持っている価値観を日本の子供たちに無理やり当てはめてみること。)


If I were a kid, an after-school school would have to be pretty smack-dab-fabulous for me to want to go.

(もし、私が塾に行かないといけない子供だとしたら、その塾はズドンっと音がするくらい超最高に面白くないと行きたくない。)


So I purposefully set out to cheat kids into thinking that learning is fun.

(だから、子供たちを「学ぶ」って面白い!とだますことにしました。)


And, in turn, I learned something.

(そして、その結果、私の方が学ぶことが多かったです。)


If kids have fun, they come back. If kids have fun and learn something, their parents send them back. If kids have fun, learn something and I have fun, then I come back. That’s sustainable.

(子供たちが「楽しい」学習をすると、戻って来ることがわかりました。 「楽しい」を感じると、子供たちはどんどん学んで行きます。 その結果、親たちはこぞって子供を私の所に送ってきます。 もし子供が「楽しい」と、もっと学んで、もっと「楽しい」ことになり、そして、戻ってきます。 そのパターンがとぎれることはありません。)


Big John Math is the product an unabashed attempt to deceive kids into learning.

(Big John Mathシリーズは、「子供たちをだまして勉強させる」というこんな挑戦的な試みから生まれた製品です。)


Come give it a try.

(試す価値があると思いませんか?)

**************************

英語を理解出来る脳を育てる教材 Big John Math

facebook はこちら


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「英語学習方法」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 [えいごの宿題]Big John Math Lesson 1

アメリカ・カナダで注目の「授業と家庭学習の入れ替え」教授法を英語学習に取り入れたレッスン

料金
1,500円

内容:英語の数字、音と文字の関係からつづりを学習。 足し算

大澤眞知子とカナダの数学専門家が共同開発したプログラムの添削版。 2011年ニューヨークタイムズ 掲載の脳科学教育プログラムです。

授業を見て宿題は自宅のPCで。 21世紀教育の主流「個々の発達度に合わせた反復練習」で、情報分析速度、正確度にも大きな効果を実証中。
[えいごの宿題]で自宅が世界レベルの英語教室!

[えいごの宿題]Big John Math Lesson 1

このコラムに類似したコラム

[英語で社会科 - 地図が描けるかな?] - 発達心理学からの英語指導 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/01/29 17:30)

「日本の子供を褒める」ことの落とし穴 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/01/09 17:46)

中学受験の塾選び 藤原 文 - 行政書士(2015/01/02 14:33)

無料で海外生活体験!NHKラジオ講座のススメ 石野 恵子 - 英語講師(2013/11/21 05:09)

子供の才能を育む方法 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/03/05 14:27)