社内向けのプレゼンだからといって気を抜かない! - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内向けのプレゼンだからといって気を抜かない!

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

プレゼンテーションというと、お客様や取引先など
社外向けのイメージが強いですが、
意外と社内向けのプレゼンも多いものです。

例えば、見積書を作成する業務が
新しくこうなる、という説明会も
プレゼンです。

もしこのような場面で、次のような
プレゼンで説明されたら、どう思いますか?


「部門サーバーにある雛形を参考に見積書を作成し、
お客様に提出した後で共有フォルダへ保存します。

なお顧客データベースには見積書だけではなく
関連書類もすべて保存されていますので、
過去の情報を探す場合はファイルサーバーを検索すると便利です」


見積書の管理がなにやら複雑そうですね。
見積書を作成するために「部門サーバー」「共有フォルダ」
「顧客データベース」「ファイルサーバー」と4つの仕組みが
バラバラに存在していて、それぞれ目的別に
使い分ける必要があるように感じます。

しかし「部門サーバー」「共有フォルダ」
「顧客データベース」「ファイルサーバー」の4つの単語が
すべて同じものを表しているとしたらどうですか?

このような場合、次の点に注意すれば
もっと楽に理解できます。

■語を統一する

例えば「部門サーバー」という語に統一してみます。


「部門サーバーにある雛形を参考に見積書を作成し、
お客様に提出した後で部門サーバーへ保存します。

なお部門サーバーには見積書だけでなく
関連書類もすべて保存されていますので、
過去の情報を探す場合は部門サーバーを検索すると便利です」


これで内容がわかりやすくなったとともに、
見積書作成の業務がイメージしやすくなりました。

同じ単語が何度も出てくるので、
多少くどい感じを受けるかもしれませんが、
的確に伝えるためにはわかりやすさを優先するべきです。

あなたも語を統一することで
わかりやすいプレゼンにしてくださいね。


引用元

社内向けのプレゼンだからといって気を抜かない!


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム