自分の行動の裏にあるもの(幸せへのヒント) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の行動の裏にあるもの(幸せへのヒント)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

前回「自発的に行動する時にはストレスが無い」という事をお伝えさせて頂きましたので、今回はそこにポイントを当ててお話しを進めて参りましょう。

 

自発的にする行為というのは、自分の中から「これがしたい!」「これをしよう!」と自然に湧き出たものが動機になっていますね?

それは自分の中の純粋な情熱から出て来る、自分に責任を持った自立した行為なので、ネガティブなストレスは感じないものです。

 

ところが世の中を観て下さい。

 

多くの方が何かをする時に、ご自分では本当は本意ではない事をしている事が多く、けれど何故かそのストレスを感じていながら隠そうとしたり、そんな自分を打ち消してみたり・・・。(それも自覚があったり、無かったりするのでややこしい!)

そのご自分で訳が分からなくなっているモヤモヤが、不機嫌の原因であり、それで人は怒りっぽくなっているという事実があります。

 

皆様は、その行為がどこから来るとお思いでしょうか?

それは何かをする動機の根に、

 

「人に嫌われない為にする」

「人から良く思われたいからする」

「人に認めて欲しいからする」

「これをしたら自分の欲しい ○○ がもらえるからする」

 

などが有るからです。

 

つまりそこに有るのは、自発的なものが先ではない "打算" というものが動機になっています。 そしてその行動の裏にあるものは、

「してあげる」 =「 ×したくてする」という、相手や何かに対しての "期待" が裏に潜む行為ですね?

 

そういう時の行為は、表面は同じ事をしていても、根が「したいからする(=相手に何も期待しない・何も求めない自立思考)」ではない、相手への依存の行為ですので、相手が自分の期待していた様な反応をしてくれないと、不機嫌になったり腹を立てたりしている訳なのです。

 

 もし純粋な(※ここ重要ポイントです!)「自発的にする」という根が本物でしたら、そこには「嫌々やる」とか「仕方なくする」とか、

あと「行動した時はそうは思わなかったけれど、後になってモヤモヤ・イライラが募る様なストレス」を感じるという、重たい不愉快なものは皆無なはずなので、それをご自身のバロメーターにされると良いかもしれません。(^^ゞ

 

そんな事を申し上げると「えっ!? でも世の中は自分の好きな事だけして生きては行けない事の方が多いではないか!!」と言うブ~イングのお声が、あ、今こちらにワンサカ聞こえて参ります!?(笑)(^^;)

ハイ!その通りでございますね~~~。 確かにこの世は、そういうものでございます~。_(_^_)_

 

そこで私がお勧めするのが、「どうせやらねばならないものならば、無理やりにでも好きになる」という努力です。その前向きな努力は、最終的に「自分が楽になる」唯一の方法になるのです。

 

そこで、先ほどからお話ししている "自発性" の出番になります。 《゚Д゚》?

 

人間は好きな事をしている時は、自然に自発的になっていますね?

そういう時は人は、物凄くパワフルで疲れ知らずです。

そして、これが一番健康に良いし、又自然で良質なダイエット(?)にもなっているのです。

 

これを「気の向かないもの」にも活用する事は可能です。

 

それを可能にする方法とは、それが好きか嫌いかの私情は外して脇に置き、「頭で四の五の考えず、"無" になって行う」という事を習慣にしてしまうのです。

 

そういう努力(私はそれを "人工的自発性" と命名!?(笑))を続けていると、あら不思議!

いつの間にかそれが苦ではなくなり、ご自分の得意分野の一つになってしまう様な事も起きて来るのです。

得意分野になったら楽しめますよね?(^^♪

 

それが結果的にご自分の才能を開花させたり、又増やして行くコツで、才能が増えて行けば、その分人生も楽しさが増す訳ですから、良い事尽くしですね♫ (^^♪

 

何に対しても見返りを求める打算的な行為は、結局最終的にはご自分を疲れさせ、ストレスを増やしますからご用心!?

 

あと、ストレスを増やさない方法として、何かをする時に知っておかねばならない大切なものがあります。

それは、相手にも相手の人格と意思と選択がありますので、どんなお方であっても(それが例え親子であっても)、相手はご自分の思う様にはならない存在だという視野です。

 

人間は皆、本来はお互いに自由であるべきで、もし世の中の方々がお互いにそうであったなら、巷にゴロゴロある様な偽善的で疲れるだけのお付き合いなんて無くなるのになぁ~♫と私は思っているのですけれどね~。

 

一見、とても気を遣う様に見える日本人ですが、実はご自分の行動の裏にこういうものが潜んでいるとは自覚されないで、疲れる人付き合いをされている方が、本当に多い印象です。(~_~;) 

 

もしご自分に思い当たるものがございましたら、この様な観方を参考にされて、ご自分を内観されると、ストレス軽減に繋がって行くかもしれません。(^^♪

(ストレスこそ、ダイエットの敵!?(笑))

 

 

  

         

    

            (自発的=前向き ♫) 

 

           

        (後ろ向き!(笑))

 

今回の写真は、私がこのコラムを執筆している机の上からいつも私を見ている子達です。(笑 )

左の子は私が日本で一目惚れしたウサギくん。

右の子は経由地のハンガリー空港で出会い、一緒に旅して日本に来たロバくんです。♫                      

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年