生命保険の解約返戻金は、離婚時はどのように分ける? - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の解約返戻金は、離婚時はどのように分ける?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
知らないと損するかも…のお話し

ファイナンシャルプランナーが天職!
BYSプランニングの釜口です。 

 

  今回は、
  「生命保険の解約返戻金は、離婚時はどのように分ける?」
  についてお伝えいたします。

  終身保険などの貯蓄性が高い保険は、途中解約をした場合、
  解約返戻金が戻ってきます。

  この解約返戻金は、夫婦が共有で築いた財産としてみなされます。
  ですから、裁判所の離婚調停では半分に分けるというのが
  基本的な考え方となります。

  ただ、離婚するからといって、安易に保険を解約して、
  財産分与するのは得策ではありません。

  解約後に病気に罹患し、保険に加入できないというリスクもあり
  ますし、当然のように年齢が上がるに従い保険料が高くなります。

  特に予定利率が高かった時代(平成6年3月まで)の貯蓄型の
  「お宝保険」であればなおさらです。

  夫婦どちらが親権を取るにしても、子供に受取人変更を行い、
  万が一に備えて保険を継続することも選択肢でしょう。


  では、結婚前から貯蓄型の保険に入っていた場合は、
  どのような財産分与になるのか?

  それは結婚前の加入期間分の解約返戻金を除外して計算します。

  25歳で60歳払込終了の終身保険に加入し、30歳で結婚、
  50歳で離婚というケースで考えてみましょう。

  50歳時点の解約返戻金が400万円、
  結婚した30歳時点の解約返戻金が60万円だとすれば、
  分与対象は、差額の340万円になります。


  また、注意すべき点は、財産分与の対象となる財産は、
  原則として「別居時」を基準に確定されます。
  
  そのため、離婚前であっても、別居後に取得された財産については、
  財産分与の対象にはならないと考えられています。
  これは、たとえ婚姻関係が継続していたとしても、別居後は夫婦が
  協力して得た財産とはいえないという考え方にもとづいています。

 

   ご質問やご不明な点がありましたら、
   お気軽にご連絡下さい。
    メール:waku@bys-planning.com


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「知らないと損するかも…のお話し」のコラム

このコラムに類似したコラム

発表!アラフォーの経済的な備えのトップは? 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/26 20:42)

生命保険を相続で活用するケース 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/06 16:37)

サラリーマン川柳 人気投票 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/27 09:47)

赤ちゃんの名前 今年の人気は 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/13 10:16)

遺族厚生年金を受給できる方達と年金額の算式 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/08 10:00)