プレゼンテーションの落とし穴とは?・・その3・・ - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンテーションの落とし穴とは?・・その3・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編

  ◆プレゼンの落とし穴とは?




確かに、いい物件は足が速いので、気に入ったらまずプレゼンを
聞くことは大切です。

建築条件付売地もプレゼンを受けることによって
本当にゼロから自分達で決められるのか、
建売のように色の選択ぐらいしかできないのかがわかります。

その反面、更地の状態で売るにはプレゼン次第と言われているくらい
上手にお客様の購入意欲をかきたてますので、
現実よりも夢がふくらみがちになるので冷静に考えることが大切です。

仕様内容はよくなくてもプレゼンが上手な会社もあるぐらいです。

マンションのモデルルームもいい例です。

仕様の変更や間取り変更をすると、後から別途の工事代金が
思ったよりもかかることもよくあります。


   建物の前に、環境、立地など土地条件が大切です。




まずは土地ありきですから、
        一度現地を見に行きましょう。