物件チェック**現地に見学しに行く時に**前編 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

物件チェック**現地に見学しに行く時に**前編

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編

    現地に案内をされる時、車の中でわかることとは?




営業マンが物件の現地まで車で案内をしてくれることがあります。

自宅や待ち合わせ場所から現地に向かうまでのその車中から
物件のチェックは始まります。

ご自分で運転して直接現地に向かう時も同じです。

駅や幹線道路から現地までの周辺の環境をチェックしましょう。


≪チェック項目例≫
◆周辺の街並みは?

アパートや工場が周辺に多い場合や嫌悪施設が近くにある場合は
住宅街としての環境がそこなわれます。

緑がほどよくあり、同じ区画の住宅が並んでいる街並みはとても環境がいいです。

◆平坦な道なのか、それとも坂道なのか?

商店街まで買い物に行く時、通勤・通学で駅まで行く時
アップダウンがあると毎日のことなので大変です。

車に乗っている時は、特になだらかな坂は気をつけていないとわかりにくいので
最終的に決断する時は自分の足で確かめましょうね。
同じ距離でも坂道では歩くと時間がかかりますよ。

◆周辺の道路状況は?

区画が整理されていない街並みの場合は道がくねくねしています。

直線道路で区画が整理されている街並みは環境もよく、相場も高いです。

◆道路が狭くなっている場所はないか?

営業マンは車の運転も慣れています。まるで体の一部のようなものです。

後で自分の車で行ってみたら、車の行き違いが大変だったり、
曲がり角でコスってしまったなんてこともあります。


次回は↑こんなときに持っているといいモノ・しておくといい事を紹介します。