これをやってしまうと、何度婚活パーティーに参加してもマッチングは難しいです!(男性編) - 婚活全般 - 専門家プロファイル

千鳥 嘉也
株式会社エヌ・ワイ・エス・ディ 代表
東京都
婚活アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これをやってしまうと、何度婚活パーティーに参加してもマッチングは難しいです!(男性編)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般
婚活

皆さん、こんにちは!

東京と神奈川で婚活パーティーを開催中の代表千鳥です。

夏も目前で、沖縄ではついに梅雨明け!

 

気温も上がり、テンションも自然と上がって、外出したくなる時期です。

20代前半では、「どこかへ遊びに行きたい!」という気持ちが強いものですが、
30代では、「どこかへ」ではなく、「誰かと」に変わってくるものだと思います。

それは、遊びだけに関わらず、住居に関しても、
「どこへ住むか?」ではなく、「誰と住むか?」に変わるのではないでしょうか。

60㎡の広い部屋に一人住むよりは、30㎡くらいの部屋に素敵なパートナーと住む方が毎日が楽しいでしょうね。

 

 


さて、そんな素敵なパートナーを見つけるのに手っ取り早いのが、婚活パーティーだったりするのですが、
「これをやってしまうと、何度参加してもマッチングは難しいです!」というものがあります。


逆に、「結構な回数参加しているんだけど、ほとんどマッチング(カップリング)しないんだよなー。
やっぱり、イケメンじゃないとパーティーは難しいのかなー。」
と思っている方、まずはここをチェックしてみてください!

 


ここで勘の良い人は、おそらく「身だしなみでしょ?」と思っていると思います。

一応、正解です。


それは皆さん、「清潔感は大事」ということはよく分かっていて、漫画やインターネットに出てくるような不潔感のある人ってのは、滅多にお会いしません。


では、本当の正解は何でしょうか?

 


まずは、男性への正解から。

『ファッションがかなり個性的、もしくは野暮ったい』

ということ。

 
※「野暮ったい」というあまり良く無い響きの言葉を使うこと、ご容赦ください。
自分の中で、イメージを共有しやすいと思われる言葉を選ばせて頂きました。

 

 

これに当てはまると、婚活パーティーではかなり不利です。

例えるなら、水泳の試合で25メートル泳がなくてはいけない状況において、他の参加者は上半身裸で「競泳用のパンツ」をはいています。

しかし、あなただけは、ジーンズとダンガリーシャツという「私服」でプールに飛び込まなくてはいけない… そんな状況です。

つまり、圧倒的不利な訳です。

これに当てはまると、7~8割の人は脱落となり、多少トークが上手くて、少々イケメンでもリカバリーは難しいでしょうね。

 

ここで、この話にはもう一つ問題があります。

「個性的だとか、野暮ったいとか言われる、その基準が(本人は)良く分からない。」ということです。


これは、ズバリ偏差値的な考えで、他の大多数の人と比べて…というお話になります。

 

大事なところなので、ちょっと詳細にご説明致します。

まず、「野暮ったい」をチェックする凄く簡単な方法としては、

『土日の銀座を歩いて、自分と同年代の独身者多数と比べてみて、自分のファッションはどうか?』

という方法です。

 

銀座という日本でも有数のオシャレな街並みを歩いて、すれ違う同性と自分を比べて(服装において)どこか引け目を感じるのであれば、「野暮ったい」格好をしていると思ってよいかもしれません。

サイズと年齢と流行のあった服装を一式揃えましょう!

センスに自信がなければ、それなりのセレクトショップに行って、店員にサイズを計って貰って、今風且つ無難なものを見繕ってもらうのも良いかと思いますね。

 

続いて、「個性的なファッション」もダメというもの。

実際には、上記の「野暮ったい」よりも、こちらの方が多いかも!?

 

普通に街中で会えば、「あっ、この人、こだわりのあるファッションをしているな!」と思うのですが、
パーティーにその格好でくると、異性からは「TPOが分かっていない」と判断されて、恋愛対象が外されてしまいます。

具体的な例を挙げれば、前衛的なファッションモデルのような格好だったり、ロック系やミリタリー系を思わせるような、ある種独特なファッションです。

「いや、このジャケット、8万だよ!パンツは4万円もしたし!」という説明をされても、女性にとってはTPOをわきまえていない言い訳にしか聞こえません。


そうなると、

「そもそも、パーティーのドレスコードに何でもいい!って書いてあるじゃん!」

と突っ込まれそうなのですが、それは入場できる服装というだけで、勝利を狙う服装ではないということです。

 

 

「それにしても、服装一つとっても、色々と面倒くさいですねー」 というお声が聞こえてきそうですが、まあ、これは私が決めているのではなく、女性がそこを大きな判断材料にしているという事実なので、仕方がない部分でもあります。

なので、もし自分がNYSDに限らず、婚活パーティーに参加するとすれば、色々考えなくてもよい「スーツ」を選ぶことになりますかね。

知らない会場に行って、スーツ姿の同性が少ないカジュアルなものであれば、ネクタイを外したりしてカジュアル感を出せば良いだけですから。 


という訳で、上記に該当する方は、是非もう一度、服装を替えた上で、パーティーに参加してみてください!

トークに問題がなければ、マッチングの確率は大きく上がるはずです!


長くなってきたので、女性編は次回へ持ち越します。

 

東京で婚活パーティーをお探しなら|NYSD

このコラムに類似したコラム

あなたにとっての理想の相手は、いくら? 千鳥 嘉也 - 婚活アドバイザー(2015/08/30 00:07)

熟年の独り者男性は性のはけ口からストーカー? 土井 康司 - 婚活アドバイザー(2014/01/20 11:13)

婚活レッスン~中身って? 人と人のご縁を繋ぐ 仲人/池津 和子 - 婚活アドバイザー(2013/12/13 10:00)

【恋愛レッスン】ズバリ!男性は〇〇たい生き物ですpart② 人と人のご縁を繋ぐ 仲人/池津 和子 - 婚活アドバイザー(2013/10/14 09:53)

お見合いのエチケット男性編 土井 康司 - 婚活アドバイザー(2013/06/30 23:09)