店長のための「言える化」推進計画(その48) - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

店長のための「言える化」推進計画(その48)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般



「出てきた意見を分類したら・・・・次は、実行するための優先順位を決めないといけませんよね。では、ステップ5は、『優先順位を付ける』です。」

スタッフリーダーのAさんは、店長から、自分が行ったスタッフミーティングで、意見をどの様に抽出し、それをどの様にまとめてきたかについて、そのプロセスを「7つのステップ」にまとめるよう指示されました。そして5つ目のステップとして「優先順位」をあげました。

Aさんは、ミーティングでスタッフ達がランダムに出して来た「意見」を、2軸や3軸を使ってマトリックスに分類しました。それにより問題点の場所やひと、原因などの種類を具体化し、さらに「すぐに出来ること」と「条件が整えば出来ること」の二つに分けることで、「どうすれば出来るか?」の方向にスタッフ達の気持ちを誘導していきました。そして、ステップ5。いよいよここで、アクションプラン(行動計画)を実行して行くための「優先順位」を決める段階となったのです。

では、どうすれば「優先順位」を決めていけば良いのでしょうか。
これはとても簡単です。実は、ステップ4の段階で実行案・改善案は、「すぐに出来ること」「条件が整えば出来ること」に分けられていますよね。そうです、もうおわかりですね。つまり、ステップ4の目的は「分類」でしたが、この分類作業は、そのまま「優先順位付け」に繋がっているのです。なので、何も悩むことはありません。担当分野やポジション毎に「すぐ出来ること」から実行して行けば良いのです。

ここでもう一度、たくさん出てきた改善策や原因、実行策についてどの様に分類してきたかを振り返りましょう。

1)まずは「担当」や「種類」で分ける・・・問題点の種類、原因など
2)次に「能力・技術」「時間」「コスト」で分ける・・・改善策の条件
3)さらに「すぐに出来ること」と「条件が整えば出来ること」に分ける

「担当」とは、問題点が発生した部門、場所、ポジション、工程などです。
「種類」とは、「設備や機器」「仕組みやシステム」「運用するひとのやる気・気持ち」などです。
つまり、どこで誰がどの様な問題として捉えているのか?と言うことです。

「能力・技術」とは、お客様に満足していただくために持っている技術・経験・能力のことです。
「時間」とは、改善を行うための必要な時間です。「期間」という表現でも良いでしょう。
「コスト」とは、改善するためにどれだけお金がかかるか?設備投資、修繕、人件費などですね。
つまり、改善策を行う為にどう言う条件が必要なのか、と言うことです。

この1)と2)を踏まえて、「すぐ出来る」ことは、担当者とスケジュールとゴールの基準を決めて実行に移せば良いのです。もちろん、最優先のものは「緊急性の高い要件」です。これは間違ってはいけません。

さらに、「条件が整えば出来る」ことは、「期間」と「予算」によって、「投資回収」がどれくらい見込まれるかを算定して「提案」します。ここでも、「緊急性が高い要件」については、「改善しないことのリスク」を明示して提案をすることがポイントです。いくら「条件」が必要でも「さっさと改善」しないと大変なことになるものは、急がねばなりません。

このように、提案された改善策や実行策は、分解し分類し整理すれば、「誰が」「何を」「いつ」「どうやって」「どこまで」やれば良いのかが自然と見えてくるのです。

「会議」の「言える化」が進んでいくと言うことは、このように会議参加者が提案したことが、より具体化され、実行案として承認されていくと言うことと同じなのです。提案しても実行されないのならば、発言は「消極的」もしくは「無責任」担になってしまいます。実行されるからこそ「発言の意義」を感じるのです。

ではまた明日。

※「6ステージ従業員満足」「360度評価」に関するご相談、従業員満足度調査、セミナー、研修、コンサルティングなどについては、弊社までメールかこのホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

店長のための「言える化」推進計画(その38) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/06/15 06:58)

店長のための「言える化」推進計画(その36) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/06/13 07:00)

店長のための「言える化」推進計画(その35) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/06/12 06:25)

店長のための「言える化」推進計画(その51) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/06/28 06:50)

店長のための「言える化」推進計画(その50) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/06/27 06:40)