襖の扱い方と注意点 - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

リリア株式会社 代表取締役
東京都
人の印象の専門家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

イメージ・コンサルティングに洋装・和装の着物、礼法など、日本文化に関する内容を盛り込んで参ります。

日本人に合わせたセルフ・ブランディング術をご紹介します。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 日本人のためのハッピー☆イメージ・マネジメント! Vol.47

 

 今回のテーマ「 襖の扱い方と注意点 」

 

                    日本文化・着物礼法研究家 吉武利恵

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

日本に住んでいながら、和室での暮らしが少なくなってきましたよね。

日本人として、最低限の和室の振舞いは身に付けたいものです。

 

今回は和室に入る際に必要になる「襖の扱い方と注意点」をご紹介してまいります。

 

和室に入るためには、襖を開けて中に入ります。

では、どこを持って襖を開けるのが正しい作法かご存知でしょうか?

 

まずは、襖の構造をみていきます。

木でできた枠組みと、紙や布が張られた部分、そして引手の金具の3つです。

 

手で触っていい場所は、枠組みと引手だけです。

紙や布の部分は、手では絶対に触らないでください。

 

それは、手の油や汚れが原因でシミになってしまうからです。

手で触らなければ、美しい状態を長く維持することができます。

 

掛け軸も同じで、紙の部分は直接手では触りません。

 

有名な絵師が書いた画の入った襖もあれば、

金箔がほどこされた高価な襖もありますので、くれぐれも扱いには注意が必要です。

 

 

「襖の開け方」は後日ご紹介いたします。

 

 

・襖を美しい所作で開ける人に、どういう印象を持ちますか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 人の印象の専門家)
リリア株式会社 代表取締役

人と人のコミュニケーションに欠かせない印象マネジメント

イメージコンサルティング、コーチング、カウンセリング、の技術を習得後、自身のブランディングの効果を元に、人の印象の専門家として、人のポテンシャルを最大化させる「印象マネジメント」を体系化し、企業向け、個人向けサービスとして現在展開中。

カテゴリ 「礼儀作法」のコラム

礼儀やマナーの真の目的(2014/09/29 11:09)

礼儀やマナーが必要な理由(2014/09/16 11:09)

このコラムに類似したコラム

お辞儀-座礼- 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/09/06 11:00)

招かれる側の座布団の注意点 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/09/01 11:00)

招く側の座布団の注意点 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/08/25 11:00)

床の間の注意点 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/08/18 11:00)

畳の注意点 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2014/08/11 11:00)