ゴルフスイングには骨盤安定&股関節可動域アップが決め手 - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフスイングには骨盤安定&股関節可動域アップが決め手

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフトレーニング

こんにちは。体幹トレーニングの「ゴルコア」(港区芝大門/浜松町)代表/ゴルフピラティス&ピラティスインストラクターの太田です。

 

ゴルフスイングのダウンスイングからインパクト、フィニッシュまでは下半身始動で動かしていきます。

その際に

骨盤は安定


よく勘違いをして骨盤を動かしてしまいやすいのですが、ゴルフスイングでは骨盤は安定です。

そして動かすのは股関節です。

股関節回旋がインパクト~フィニッシュではキーとなります。

特に左股関節。


明日早朝から始まる全米女子オープンゴルフで女子プロたちのダウンスイングをじっくり観察してみてください。

トップオブスイングよりも前から左足と左股関節が動き始めているのがとてもよくわかると思います。


ゴルファーにとって左股関節の可動域はとても大切です。

左股関節がうまく動かないと、上半身とくに右手や右肩が悪さをしてしまいます。


日常から股関節を中と外に動かして可動域を良くしておきましょう!!

椅子に座って両膝を外に開き、股関節から中&外を繰り返します。力を入れずに緩める感じで行うのがポイントです。

カートに乗っている時も行ってみてください。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

「CURUCURU」新コラム-【おうちでピラティス★ 3・飛距離UP】-股関節 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/02/28 21:38)

ゴルフピラティスWS「 怪我・故障なくパフォーマンスアップ 」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/10/07 23:25)

ピラティス付ラウンド-サンヒルズCC-中心軸&下半身安定 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/08/02 23:21)

胸郭&骨盤調整で下半身始動のゴルフスイング! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/07/20 22:27)

ピラティス付ラウンド【東名厚木CC】-アドレス&お腹 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/07/10 09:47)