ウマが合う人、合わない人 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

再木 奈生
ヒューマンリクリエイト 代表
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウマが合う人、合わない人

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
自己のリクリエイト(再創造)
暑中お見舞い申し上げます。

こんにちは、ヒューマンリクリエイトの再木奈生です。

夏本番!
ご自身らしい暑さ対策を工夫していってくださいね。

今日は、その暑さ対策ならぬ、人対策?でちょっと書いてみました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私が、人見知りだから(結構、激しく・・)かもしれませんが

人とウマが合う、合わない、をよく感じます。


時にこの頃、まったく初めての方と時間を共にする機会が多くて

私の方も、講師という仕事で関わっている訳ではないので

関係がとてもフラットであり、お互いが地を出しやすい?


いるんですよ、やっぱり。ウマが合う人と合わない人。

(みなさんはいかがでしょうか?)


第一印象で決まるのかと思いきや

私の場合は、一概にはそうとも言えないような・・。

(服装のことを言っています。もちろん、面接の場面とかに

 短パンにTシャツといったら・・どういう方?!とは思うけれど)

顔かたち?・・これは、そうはいってもスグに変えられるものではないし・・ね。

(お互いさま!ですが)

ただ、まったく個人的な趣味ですが、好きなタイプの顔とかはあります。

でも、それだけでいくと、後でがっかりすることもあります。

(私自身が、万人に好かれる顔になって、出直してこい!って感じですね)



だとすると、挨拶などの基本的なところは、お互いまずできて

その上に、その場の雰囲気(緊張する場・わくわくする場など)

を共有できそうな方が親しみやすい感じで

ウマが合いそう、と思えるかな。



一緒にいる時間が長くなればなるほどに自分が出てきますから

(この人ともっと話していたい、逆にもういいかぁ)が

別れてきます。


これも、まったく個人的な意見ですが

やっぱり前向き表現の多い方は、ご一緒していても気持ちがいいですね。

昨日、最初は前にいらした男性は、まったくこのタイプ。

最初は、(なぁ〜んだが独り言の多い方?)と思って敬遠?していましたが

隣の席になり、その「つぶやき」をきいてみると。

(あっ、そうか。うんうん、できそう)とか

(いやぁ、素晴らしいなぁ)←他の方が意見を言った際。

と、ずーっとこんな感じで、私まですっかり気分よくなりました。



一方で、苦手かな、ウマが合わないかな、と思ってしまうのは

「怒りマーク」をしょって歩いているような方。

つっかかるように人と話したり、罵詈雑言が多くで

なんだか、こちらはどうしていいかわからずに「しゅん・・」と・・。



こうして書かせていただきながらわが身を振り返っています。

一人でも多くの方にウマが合う!と思ってもらえるようになることは

最初のハードルとしては高いかもしれません。


まず、自分にとって気持ちのいい事相手の方にも!と実践していくと

結果としてそうした事がついてくるような気がします。