合唱業界全体での広報として - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

合唱業界全体での広報として

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はペパーミントの日です。
チョコミントアイス、結構好きです。

広報についてお話をしています。
話題作りという機能について考えています。

私が関わっている合唱企画以外でも、合唱ではここ10年ほど広報的な意識が随分と強くなったように思われます。

具体的には、某放送局が主催しているコンクールの課題曲です。
課題曲の作曲を、ポピュラー歌手が担当することが増えました。
作曲の様子や各地でコンクールに参加する学校の子供らについて取材、放映して…という広報的な使い方をかなりしています。

合唱というのは分野としてクラシック、かなり限定された趣味の世界。
このような定義について

「良くも悪くも」

崩れてきていることは強く感じています。

少し含みのある書き方をしました。
この点について、小さな会社の広報と絡めながらもう少しお話をしてみます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

技術障壁 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/03 07:00)

不振企業でサークル活動? 高橋 昌也 - 税理士(2014/07/19 07:00)

制御不可 高橋 昌也 - 税理士(2014/06/30 07:00)

もう一つの機能、話題作りについて 高橋 昌也 - 税理士(2014/06/18 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)