日本の建築ディテール1964→2014『原寸大』展を鑑賞 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

中辻正明・都市建築研究室 代表
東京都
建築家
03-5459-0095
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本の建築ディテール1964→2014『原寸大』展を鑑賞

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

渋谷ヒカリエ8階で開催中の彰国社ディテール創刊50周年記念

日本の建築ディテール1964→2014『原寸大』展へ行きました。
 


10の名建築の特徴的なディテール(部分詳細)図面が原寸に引き伸ばして展示されています。
手持ち資料が懐かしの青焼き図面になっているところが、何とも心憎い演出でした。
 


東京カテドラル聖マリア大聖堂(1964)丹下健三氏のスカイライト。

プランタン戎橋店(1965)村野藤吾氏の階段と手摺。

パレスサイド・ビルでィング(1966)日建設計のアルミルーバーと竪樋。

SPIRAL(1985)槇文彦氏の外壁。

葛西臨海公園展望広場レストハウス(1995)谷口吉生氏のガラス納まり。

せんだいメディアテーク(2000)伊東豊雄氏のチューブなどなど。


安藤忠雄氏の住吉の長屋(1976)の中庭の図面が床に展示されていて仮想体験できます。

 

「私たちが設計する中庭の大きさと比べると・・・」などと考えながら興味深く鑑賞いたしました。

 

このちょっとマニアック?で面白い展示は6月4日(水)~16日(月)まで。
 

建築ディテールの50年とともに、今なら上階ホールのガラス越しに渋谷の変わりゆく風景も同時に俯瞰できます。



中辻正明・都市建築研究室

http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Em-naka/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
中辻正明・都市建築研究室 代表

住む人の理想と周辺環境から考えた住宅づくり

住まいに大切なバランス。そのつり合いを決めるのはご家族のライフスタイルや将来像です。「天井の高いリビング」「広いキッチン」「風通し」「中庭」「ルーフテラス」。夢いっぱいのイメージ満載のまま、バランスを見極めた間取りや空間を設計いたします。

03-5459-0095
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

青梅市の中庭のある平屋の家完成まであと2ヶ月です 栗原 守 - 建築家(2016/09/05 15:37)

中庭のある平屋の家 栗原 守 - 建築家(2016/08/08 17:09)

OB建築主さんからお便りをいただきました 栗原 守 - 建築家(2016/05/17 10:08)

2世帯3世代同居住宅のセミナーを開催予定します 栗原 守 - 建築家(2016/03/16 16:47)

ただいま準備中!朝日住まいづくりフェア2015 三竹 忍 - 建築家(2015/06/03 12:57)