『老後の備え不足』6割超 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『老後の備え不足』6割超

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

日本経済新聞の記事によると、35歳から64歳を対象にした内閣府の調査で、

老後の経済的な備えが足りないと感じている人が66.9%に上ることが分かった。

 

現役世代が公的年金や貯蓄・退職金の取り崩しだけでは、

老後の暮らしに不安を抱いている実情が浮き彫りになった。

65歳を超えて働くことを希望する人は半数だった。

 

老後の経済的な備えについては『かなり足りない』が50.4%。

『少し足りない』が16.5%で、合計した『足りない』は66.9%。

5歳ごとに分析すると、

『足りない』は40歳から44歳が74.4%で最も多く、

年代が上がるにつれて下がる。

一方、『十分だ』はわずか1.6%。

『最低限はある』は21.7%だった。

 

必要と思う貯蓄額は2千万円(19.7%)、1千万円(19.5%)、3千万円(19.1%)と、

ほぼ同じ割合で並んだ。

 

何歳まで働きたいかは『65歳くらい』が31.4%。

65歳を超えても働くことを希望する人は50.4%で、

このうち『働けるうちはいつまでも』が25.7%。

とのことです。

 

老後資金に関しては、多くの方の関心事だと思いますし、

調査のとおり不安を抱いている方もたくさんいます。

また、最近将来受け取れる年金が予想よりも少なくなってしまうというニュースを、

ご覧になった方もいると思います。

 

老後資金対策につきましては、

家計にゆとりがあると旅行や趣味など楽しいことにお金を使いたくなのものですが、

少しでも家計にゆとりのある早いうちに少しずつで結構ですから、

始めておくことが大切となります。

 

多くのご家庭で、将来のライフイベントとして、

マイホームの購入やお子様の教育資金といったライフイベント資金がこれから必要となりますし、

住宅ローンの返済や教育資金などでお金がかかっている時期は、

思うように老後資金のための貯蓄にまで、

お金が回らないことになってしまいがちです。

 

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

世帯収入 共働きで維持 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/27 10:31)

「高収入なのに貯まらないのはなぜ?」 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/22 08:37)

賃金抑制がデフレを加速する 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/04 14:56)

長い老後へ備え不十分 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/10 15:28)

シルバー世代の小遣い30年前より少なく 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/17 15:03)