立地には必ず不確実性が伴う1 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

立地には必ず不確実性が伴う1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
通行量を気にしすぎると失敗する
新しい店を出すには何らかの投資を伴います。
それも、かなりまとまった額です。
もちろん投資するからには、その投資した額を回収できなければなりません。
さらには長期にわたって利益をもたらすものでなければなりません。
それでいて、店舗を開店するという投資は、他の多くの投資方法と同じように、大きな「不確実性」が付きまとうことでもあります。

商品(投資対象)自体に魅力があって、誰の目にも(あるいは先見の明のある人にとって)良くなければなりません。
これは、当然のことです。
一方で、たとえどんなに商品が良いものであったとしても、投資を回収できなかったり、売上や利益を上げられなかったり、そういうこともありえます。
店舗の開店は、他の投資と同じように、大きなリスクをかかえているのです。

はた目には、「退職したら飲食店でも開いて」という言葉に代表されるほど、ちょっとした技術や商品さえ揃えば、あるいはフランチャイズチェーンに加盟さえすれば、誰でも容易にうまくいくと思われがちです。
しかし、決してそれは約束されたことではありません。

そのリスクの中には、「事業にはやってみないとわからないことがいっぱいある」というような未経験や未習熟に帰せることもあります。
それでも、こうした問題は、開店後の努力次第で解決可能な場合も多く、まだ良いほうです。

PR


ソルブの代行調査】出店判断に必要不可欠な立地要因を、効率的にスピーディに調査。安価でご提供。