遺影は選んでおきたいけど準備していない~アンケート調査結果から - 老後・セカンドライフ全般 - 専門家プロファイル

石崎 公子
travessia 代表
東京都
ヒキダシスト/Comunication Specialist

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺影は選んでおきたいけど準備していない~アンケート調査結果から

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後・セカンドライフ全般

2週間ほど前に、フォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネットが、「遺影」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 http://news.mynavi.jp/news/2014/05/12/076/

 

「自分の遺影を選んでおきたい」人は約7割。

だけど、「準備している」人はわずか2.2%。

この調査対象は20代から60代が対象なので、年代から考えれば仕方がない結果かもしれない。

 

都心在住の団塊世代を対象にした別の調査では、2009年には「自分の遺影は過去の写真から自分で選んでおきたい」人は3人に1人だった。

2011年9月には「自分で選ぶ」人は男性50%、女性83%。
東日本大震災を境に、「自分で選ぶ」意識は高まってきたと、当時は強く感じたものだ。

 

かねてから私は、生きかたや生きざまが表われる人の「顔」に注目してきた。

ある程度の年齢になると、美人が必ずしも魅力的で素敵とは限らなくなる。素敵な人がハンサムとは限らない。逆に、どんなに目鼻立ちが整っていた人でも、その輝きが消えてしまう人も少なくない。

その原因はいったいどこにあるのだろう~そういうことをずっと考えてきた。

それはきっと生き方にあるのだろう。

そういう話をすると、「たしかに」「ある、ある。」「わかる、わかる。」とよく言われるのだから、思い当たる節のある人は多いと思う。

 

私は、その「顔」の究極が「遺影」だと思うのだ。

「遺影」は、お葬式の場で最も目立っている(と思う)し、亡くなった後も残るし、その写真は遺族の心を癒すこともある。言われた言葉を思い出させてくれることもある。

だからとても大事なものであるはずだ。

 

その「遺影」を選んでおきたいと思う人が、増えてきたようだ。

でも思うだけで、残念ながら準備している人は多くない。いくら思っていても、実行していなければ叶うことがない。

 

「いい遺影が残せてよかった。」

「この写真のおかげで・・・」

そういう声は、実際しばしば耳にする。

 

今回のアスカネットの調査では、その遺影の希望は「普段着で笑顔の遺影」が56.8%と過半数を占め、「好きな場所で撮った遺影」(24.6%)、「趣味の物を持つなど自分らしさの出ている遺影」(13.3%)などが上位にある。昔よく見かけた「正装で真顔の遺影」を希望するのはわずか5.1%だったという。

望ましいことだ。遺族にとってもその方がいいに違いない。

「その時」はいつやってくるか、実のところはわからない。思うだけで実行していなければ、「いざというその時」に、その思いは叶わないし、まわりの悲しみも深い。

 

たしかにこの数年で「遺影」に対する考え方や意識は大きく変わった。

「準備している」人が半分を超えるのは、果たして何年後になるだろう。

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

世の中にこんなにも美しい生き物は見た事ありません! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2013/02/12 12:00)

50歳前後は認知症予防でのライフスタイルチェンジのターニングポイント 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2016/02/14 17:55)

前回、紹介させて頂きました記事の全文です。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/12/25 10:21)

人生における物事に関する心の持ち方! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/07/09 10:49)

私から年を取らないでください。 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2014/07/24 18:50)