販促DMによる販促展開4 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

販促DMによる販促展開4

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
顧客の心を掴む販売促進手法
今回は、販促DMによる販売促進に関しての4回目ですので、
販促DM制作の具体的な作成事例に関してお話していきます。


前回の復習ですが、実際に成功している販促DMのポイントは
以下になります。


■販促DMの目的が明確になっている

■顧客管理により、販促DMのターゲットが明確になっている

■販促DMの内容に工夫がされている

■常に効果測定を実施し顧客ターゲット・掲載内容・特典を変化させている


今回は、販促DMの内容が工夫されているかどうか、という点に関してです。

この点に関しては、どのような目的で、どういう効果を狙って、どの
ターゲットに販促DMを出すのかで、大きく変わってきますので、実際に
弊社にて実施してきた販促DM展開に関してのことをご紹介したいと思います。



【ケーススタディ1】
フレンチレストランの特別企画商品の訴求DM

目的:
期間限定特別企画を実施するにあたり、既存顧客に対してのリピート率をUP
させる。また申込方法としては本DMでの申込みではなく、電話・ホームページ
からの予約を促進する。

ターゲット:
直近1年以内の来店客で、アンケート記入していただいているお客様約800名

発送時期:
開催期間スタートの1週間前に届くように発送

デザイン制作上でのポイント:
「美味しそう」「これはお得」と思っていただけるように、料理の写真を
メインに持ってきて、金額割引を強調する形のデザインにすることで反応
率UPを試みました。



【ケーススタディ2】
美容院での来店促進を図るDM販促

目的:
前回ご来店いただいてから、1ヶ月以上経過したお客様に対して、全員同じ
ようなデザインではなく、お客様個々に合わせた形で、来店促進を目的と
した販促DM

発想時期:
前回ご来店いただいてから、約1ヵ月後

デザイン制作上でのポイント:
これに関しては、直接的に来店を訴求してしまうと、嫌がられる場合も多い
ため、お客様との距離感を縮めるため、自分の近況報告やお店の近況報告を
掲載し、是非、また顔を見せてください、的なやわらかいイメージのDMと
することで、顧客の潜在意識に働きかける。



DMの内容に関しては、顧客全員に対して共通なものをお送りする場合もあれば
個別にお送りする場合もあります。それは、その業態の特質に合わせて変えて
行くべきであると思われます。

デザイン・内容の差別化に関しては、自分達が見て、面白い、もしくは綺麗
などの感情をもつデザインではなく、
お客様の心が動くことが最も重要なポイントとなってきます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「顧客の心を掴む販売促進手法」のコラム