中古住宅への新しい融資 ~「リフォーム一体型住宅ローン」とは?~ - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

田井 能久
株式会社タイ・バリュエーション・サービシーズ 代表取締役
愛知県
不動産鑑定士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古住宅への新しい融資 ~「リフォーム一体型住宅ローン」とは?~

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

近年は消費税の増税や新築マンション価格の上昇という要因以外に、立地が良いモノやご自身のこだわりを反映させた住宅に住みたいという方が増えています。
そこで中古住宅に関する関心が高くなり、リフォームやリノベーションに関連する商品が多様になってきたように思います。

しかし、先立つものはお金でありまして十分な資金がなければなかなか思い通りにいきません。
そんなニーズを反映し近年では、このリフォームを資金面からバックアップする、住宅ローンと一体になったリフォームローンを提供する金融機関が増えているようです。

従来なら、住宅ローンとリフォームローンは完全に別商品と考えられ、無担保であるリフォームローンは金利も高く、借入期間も短いものが通常でした。
従って中古住宅を購入しようにしても、リフォーム代の予算が限りがあるため状態のいいモノに制限されてしまったり、リフォームが出来る内容が限られてしまう側面があったと思います。
これがこのリフォーム一体型住宅ローンだと、通常の住宅ローンと同等の金利や期間で借りられるので、資金計画に余裕が出てリフォームの工事内容や中古住宅の選択肢に幅がでてくるように思います。

このローン、消費者にとってメリットが高い制度でありますが金融機関にとってはどうでしょうか?

ある金融機関では、住宅ローンのリフォーム活用プランという形でリフォームに対する融資をするのですが、それを機に住宅ローンの借り換えをすすめるプランを出していました。
なるほど、一体として比較的低金利で貸し出すことをPRポイントに、本体の住宅ローンを取り込もうという作戦のようです。
このように金融機関としてはチャッカリ戦略を立てて、新サービスを開発しているようです。

ついつい資金的に余裕が出てくることで、必要のない設備をつけてしまったり、間取りの変更だけのつもりがキッチンやバスもお願いしてしまった。。。
なんてことは避けたいとこでありますので、我々消費者としては新しい情報をキャッチしながらも慎重に比較検討して、自分に最適なものを選ぶことが必要ではないかと思います。

2014.5.21 タイの目より

http://www.valuation.co.jp/column/data/000216.php

 |  コラム一覧 | 

「住宅ローン」に関するまとめ

  • 住宅を購入する際に多くの人が利用する住宅ローン。不明点が多い住宅ローンを専門家が解説します。

    「どんな住宅ローンを選べば良いのか?」「フラット35の審査に落ちてしまった」「住宅ローンを夫婦で返済していたが離婚する」「転職した場合に住宅ローンはどうなるの?」「最近の住宅ローンの金利の動向はどんな感じ?」「繰り上げ返済はやった方が良いのかな?」など、住宅という大きな買い物をするために住宅ローンをお考えの方はお悩みや疑問、不安を持っていると思います。 そんな住宅ローンに関する疑問や不安を解決するために、参考となる専門家発信の住宅ローンに関する情報をまとめました。

このコラムに類似したコラム

【フラット35】リノベ この10月1日から始まっています! 西澤 照彦 - 1級建築士・宅地建物取引士(2016/10/04 10:14)

売却前のリフォームは効果的? 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/06/14 13:03)

中古マンション選びのチェックポイント 中石 輝 - 不動産業(2012/04/30 22:08)

中古住宅、本当に大丈夫ですか?? 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2011/11/07 15:12)

買取業者 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/08/26 17:02)