成果主義の是非を問うのではなく - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成果主義の是非を問うのではなく

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は人事評価についてのお話です。

成果主義。

日本でこの言葉が頻繁に話題になるようになったのは、ここ10年くらいでしょうか。

いろいろな定義がありますが、仕事の成果で人事評価を行うということが大きなポイントになることは間違いないでしょう。

仕事の成果で人事評価を行うことで、従来の年功序列型の人事制度に大きな影響を及ぼしました。

仕事で高い成果をあげることが、昇進・昇格の近道になったわけです。

そうなると、当然社内は「仕事で高い成果をあげること一色」になるわけです。

その結果、社内の人間関係や仕事の進め方などにおいて、大きな弊害が発生することを懸念する声があがっています。

仕事の成果に着目すること自体は、厳しい競争を勝ち抜くために重要であることは間違いありません。

ただ、表面的な仕事の成果だけでなく、成果を出すまでの過程や周囲への影響力なども、人事評価をする上で考慮してもいいでのはないでしょうか。

普段の仕事への取り組み、普段の会議への参画姿勢、普段の後輩社員へのアドバイスぶり。

表面的な仕事の成果には表れないことでも、長期的な企業の成長という視点に立つと、どれも重要なことばかりです。

成果主義の是非を問うのではなく、表面的な仕事の成果だけにとらわれない幅広い視点で、人事評価を見直してみてはいかがでしょうか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)