5月18日(日)相続・贈与セミナーでのご質問 - 遺留分 - 専門家プロファイル

TohLプランニング 代表
静岡県
ファイナンシャルプランナー
054-277-9107
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

5月18日(日)相続・贈与セミナーでのご質問

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺留分
ライフプランニング 全般 ライフプランニング コンサルティング

 

相続・贈与セミナーでのご質問について、下記のとおり回答させていただきます。

■ご質問
・寄付行為の部分にも、遺留分減殺請求権は及ぶのか?


■回答
寄付の方法として、遺贈と生前贈与が考えられます。

自由に寄付ができるとはいえ、兄弟姉妹を除く相続人には遺留分があります。

◆遺贈による寄付
遺留分を侵害する遺贈(寄付)があった場合、遺留分権利者は寄付を受けた組織に対し遺留分の減殺請求ができます。

◆生前の寄付
相続開始前の1年間にされた贈与(寄付)は無条件で遺留分の対象となります

寄付する側とされる側の双方が、遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与したときは、1年より以前にされた寄付も遺留分の対象となります。


<ご参考:言葉の説明>
◆遺留分
法定相続人に最低限認められる相続の権利。
子や両親それぞれ割合が定められており、兄弟姉妹にはありません。

◆遺留分減殺請求
該当相続人から侵害した者に対し、遺留分の侵害部分を請求できる権利

◆遺贈
遺言による財産の処分のことを遺贈と呼びます

◆生前贈与
この場合、生前の寄付と思ってください。


以上、よろしくお願いいたします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / ファイナンシャルプランナー)
TohLプランニング 代表

FP業務最上流工程ライフデザインの、"生きがい"部分サポート!

貴方のライフデザインの、"生きがい"部分をサポートします!。”元”銀行員で証券マン、IT技術者のFPが、貴方のライフプランから、ITに関わるご相談、災害対策まで総合的にサポートします

054-277-9107
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランニング 全般」のコラム

相続税・贈与税の基礎知識(2014/08/06 14:08)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

遺留分って?侵害するとどうなるの? 酒井 尚土 - 弁護士(2013/11/22 11:39)

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

遺言は書いてもらった者勝ち 高島 秀行 - 弁護士(2015/10/14 10:18)

子供のいない人は遺言を書いてください 高島 秀行 - 弁護士(2015/09/29 10:09)

遺留分減殺請求権行使の期間制限 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/03 10:17)