特許流通とオープン・イノベーション - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

大平国際特許事務所 所長弁理士
神奈川県
弁理士
090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特許流通とオープン・イノベーション

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
産官学連携
特許出願はしたものの、事業化の目処が立たず、そのまま休眠させることは企業ではよくある。

研究開発を開始した頃には大きな市場が見込まれたが、その後、代替品が発明されたりして市場が急速に小さくなる、というようなこともよく起こる。

そうだとすれば、自社で全ての技術を開発するのでは間に合わないし、必要な技術を購入した方が速い、という考え方もある。

アメリカの会社ではこのようなオープンイノベーションが普通になっており、特許のライセンスを受けたり、購入したりしている。

日本の大企業の場合は、自前で大規模な研究所を持っていたりすると、そちらの成果を使うことを優先して、ライセンスインをしない場合も多い。

これは技術者が自分の技術の方が優れている、と主張する場合もある。

オープン・イノベーションはベンチャーや中小企業では普通なのだが、大企業には必ずしも積極的でないところもある。

しかし、費用対効果ということで考えれば、オープンイノベーションの方が有利なケースもあるはずなので、特許の購入費やライセンス・フィーと自社での開発費を比較して検討してもよいのではないだろうか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 弁理士)
大平国際特許事務所 所長弁理士

先端科学技術と知財活用の両方に精通した、農学博士の弁理士です

お客様の保有する知的財産を活用して事業を守り、競争優位を獲得できる知的財産戦略構築を行います。それに基づき戦略的に出願し、権利取得を行うことで有効な特許網(特許壁)を構築し、事業を独占することによりお客様の売上と利益の最大化に貢献します。

090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「産官学連携」のコラム

特許流通促進事業(2008/04/02 22:04)

特許の活用(2008/04/01 20:04)