社保における配偶者控除について - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社保における配偶者控除について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は小学校開校の日です。
子供らも気がつけば高学年、早いものです。

配偶者控除について確認しています。
税務においては、家庭にもよりますが数万円から10万円程度の影響が考えられます。

併せて、社保について確認してみます。
正確には社保においては配偶者控除という用語はありませんが、とりあえず扶養されている配偶者、という程度の意味合いでこの言葉を使っていきます。

これについては先日も書きましたが、もし国民年金の第3号被保険者という制度がなくなると、それだけで18万円程度の負担増が見込まれます。

報道からは健康保険がどうなるのか?などの内容までは確認できません。
とりあえずここでは年金保険料のみに的を絞って話を進めます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

年金保険料だけで20万円弱の影響 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/18 07:00)

加入義務がある事業者も、実は…というお話 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/06 07:00)

年金加入は基本的に義務 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/09 07:00)

女性の就労機会や単価が少ない 高橋 昌也 - 税理士(2014/06/01 07:00)

配偶者控除は女性の就労意欲を奪っているのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/31 07:00)