税務における配偶者控除について - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税務における配偶者控除について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は東京港開港記念日です。
最近は海をみると「何か釣れんのかね?」と考えるようになりました。

配偶者控除について確認しています。
つい先日、またもや配偶者控除見直しの報道がされていました。
いよいよもって現実的な話なのかもしれませんね…。


まず税務における配偶者控除の影響を考えてみます。
再確認になりますが、配偶者控除は所得控除です。
そして税金は所得に税率を乗じることによって計算されます。

つまり、配偶者控除によっていくらの税金が安くなっているのかは

・その世帯主の所得状況により変わる

ということです。
簡単にいえば、高所得の人ほど多くの税金が安くなっていることを意味しています。


とりあえず、ここでは所得税が20%、住民税が10%と仮定します。
比較的大きな会社にそれなりの期間務めている人だと、大体これくらいの税率が課されるのではないかな?という率です。

配偶者控除の額は38万円です(実は住民税では違いますが細かくは省略します)。
従って、税率が併せて30%であれば、大体10万円くらいの税金が安くなっていることになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

200万円という一つの目安 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/28 07:00)

どれだけ働くと世帯単位の収入が増えるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/27 07:00)

併せて約一月分の負担増 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/22 07:00)

社会保険における配偶者の取り扱い 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/17 07:00)

税務の配偶者控除とは別のお話として 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/16 07:00)