[カナダの小さな町でボランティア] 現地レポート#8 (May 14, 2014) - 海外ボランティア - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

[カナダの小さな町でボランティア] 現地レポート#8 (May 14, 2014)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外ボランティア
留学 カナダでボランティア

カナダアルバータ大平原の小さな町 Claresholm でボランティア活動をするAiko さんからの素晴らしく詳細なレポート、8日目です。

これからボランティアに行こうと思っている方たちのために、コラムで紹介。

************************
Day 8, May 14rh

今日はClaresholm の病院でボランティア。

昨日ビデオレクチャーで会った人たちのうちの一人、Catharineが、普段どんなボランティアをしているのか見せてくれるというので、彼女にオリエンテーションをしてもらうことに。

彼女は毎水曜日、車で10~15分くらいの距離にある近くの町からやってきて、10時半過ぎからお昼過ぎまで病院内でボランティアをしているそうです。

今では何人もいるそうですが、病院にとって彼女が最初のボランティアで、もう3、4年続けているそうです。(ちなみにセッティングしたのはCarmelle)

彼女はまず、何箇所かある休憩所や待合室、患者を尋ねてきた子供が遊べる場所など、本や雑誌が置かれているところをまわって整理整頓をし、次に各部屋をまわって患者さんに声をかけ、朝食時の器やコップの残りを片付け、希望があれば水分補給も手伝います。

次にナースステーションを含む各部屋の花の水遣りや水かえをして、最語にシーツやタオルの補給をして、やっと少し一休み。

と思ったら今日はランチを食堂から少し早く持ってきてくれたらしく、病室番号をチェックしながら配給がはじまりました。

それぞれの体調や症状に合わせて内容は様々で、間違えないように持って行かなければなりません。

食べない人や寝ている人、それに、今日は行かないほうがいい病室もあります(患者さんの状態などで)。

今日は、最後に食事が終わっているかどうか確認の仕方を少し見せてくれて、少し早めに上がりました。

残された私はその後30分くらい院内を歩き回って、彼女に見せてもらった仕事は全部終わったので、私も帰ることにしました。

話をするために来てくれていたCarmelleと、明日にずれたSushi Nightの材料の最終確認をして、迎えに来てくれることになっていたKarenを待つ間、いい天気だったので散策をすることに。



町外れには18ホールの広い広いゴルフ場があって、今日も何人かプレイを楽しんでいるようでした。この間雪が降ったとは思えないくらい、気温も高くて、風の少ない、ぽかぽか陽気の気持ちいい日でした。

1時に待ち合わせていたKarenと、近くの地元のレストランに行って"Canadian"と名のつくハンバーガーを食べました!


うん、普通に美味しい。あ、感動があまり伝わりませんか?(笑)

いや、ほんとに美味しかったんですってば!

カナダではたまにすっごく美味しいハンバーガーに出会うことがあります。ただ、でかい。

ナイスでジューシーなんですが、でかい!!!

 

4時過ぎからClaresholmから車で20分くらいのNantonという町に行きました。

アンティークショップが建ち並ぶ古くて可愛らしい町並みは、Claresholmとよく似てとても静かで過ごしやすそうな雰囲気。


とにかくものが多くてびっくり!カップ&ソーサだろうと古い本やカードだろうと、スポーツ用品や家具類だろうと、所狭しと乱雑に置かれた様は、地震の多い日本では考えられないなぁ。。。と一人別の視点で見てしまいました。

かわいいものがいっぱいありましたが、飛行機に乗せれるからどうなるかわからない、と自分自身を納得させて歩を進めました。

1つのお店は中が広すぎて、逆に何が何だかわからなくなっちゃいましたが(笑)

最後にKarenの提案でアイスクリームを食べることに。

これが実に今日2つ目のカナダサイズ!!

いや、それ何スクープだよ!!と突っ込まずにはいられないサイズの量が「私2スクープですよ~」とニコニコやって来ました。


手に持つとずっしり重い。いや、この国…おもしろすぎ!!!

絶対嘘でしょ!というサイズをしれっと出してくるキュートさがたまりません。

まさかの4時半くらいにほとんどのお店が閉まるという、店じまいのとっても早いカナダの中でも奇跡的な閉店時間の町に、それ以上留まっている理由がなかったので、家に帰ることにして、またまた刑事ドラマに誘われて観ていたんですが、なんだか今日は睡魔が。。。

明日は朝から晩までフル稼働の予定!早めに寝ることにします。

 

***************************

Claresholm はアルバータ大平原にある人口3700人の小さな町です。

 

ゆったりした環境を生かして、いわゆる社会の弱者を守るための施設がたくさんあります。

そんなところで人の役に立つボランティア経験が出来るのが、Super World Club の「カナダの小さな町でボランティア」です。

Talk to you in the next report.

******************************

さあ、今度はあなたの番ですよ。

新規登録と詳細はホームページへ
カナダボランティア・高校大学留学プログラム(Super World Club)

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「留学」のコラム

このコラムに類似したコラム

[カナダの小さな町でボランティア] 現地最終レポート#14 (May 20, 2014) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/05/23 14:40)

[カナダの小さな町でボランティア] 現地レポート#13 (May 19, 2014) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/05/21 16:35)

[カナダの小さな町でボランティア] 現地レポート#12 (May 18, 2014) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/05/20 20:48)

[カナダの小さな町でボランティア] 現地レポート#11 (May 17, 2014) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/05/20 20:43)

[カナダの小さな町でボランティア] 現地レポート#9 (May 15, 2014) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/05/19 11:15)